ホーム > mixiユーザー(id:8437995) > mixiユーザーの日記一覧 > 映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

mixiユーザー(id:8437995)

2019年09月23日10:29

30 view

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

本作は「昔むかし・・のハリウッド」と言うタイトル通り、1960年代のロスをノスタルジーを込めてクエンティン・タランティーノ監督が描く。
かつてテレビの西部劇ドラマで人気博した俳優のリック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)は、ハリウッドの中で時代の流れに取り残され焦る毎日を過ごしていた。
そんなリックを支えているのは、彼に雇われた付き人でスタントマンのクリフ・ブース(ブラッド・ピット)。
情緒不安定なリックに対して、クリフは沈着冷静で、ふたりの関係はビジネスにおいても、またプライベートにおいてもパーフェクトだった。
そんなある日、リックの邸宅の隣に映画監督のロマン・ポランスキーと女優のシャロン・テート夫妻が転居してくる。
ラスト13分、映画史を変えるリックとクリフの活躍は、ハリウッドの闇に奇跡を起こす。
また、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピット、2大スターの初共演が話題になっている。

さて、この映画は、1969年に女優シャロン・テートがカルト集団チャールズ・マンソン・ファミリーに殺害された実話に基づいた事件を背景に、ハリウッド映画界周辺を描いた作品となっている。
映像では懐かしい俳優が次々登場するが、この当時のTV番組や映画を知らないとこの映画を理解するのはむつかしい。
・・とは言っても、そんな中でも日本で最高視聴率が43.4%を記録した西部劇「ローハイド」を見た事があるが、今となってはよく覚えていない。

・関連サイト
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』をより楽しむための5つのポイント
https://www.elle.com/jp/culture/movie-tv/g28792495/cfe-matsuzaki-takeo190823/?slide=1

15 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月23日 11:37
    私は劇中に登場した作品は全部覚えてる(勿論リアルタイムではなくTVで放送された映画とか、再放送のドラマ、ビデオで見たもの)ので狂喜しました。ローハイドも深夜の放送を録画してました。
    特に「アメリカ連邦警察FBI」は本放送で観ていて大好きだったので、あのシーンでは腰を抜かしました。
    天才子役ジュリア・バターズ嬢演じる女の子は仕草や語り口がテイタム・オニールにソックリで凄いと思ったのですが、この点を指摘する人が居なさそうなのが不思議です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月23日 12:53
    懐かしいTVや映画の場面が挿入されて興味深かったですね、スティーブ・マックイーン、ブルース・リー 似てる様なそうでもないような‥鑑賞前にシャロン・テート事件は予習しておいた方がよかったかな。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月24日 09:00
    > mixiユーザー 

    私もほとんど見た番組ですが、さすがに細かいストーリーは覚えていません。
    しかし、「コンバット」はDVDを揃えてますけど・・(笑)
    それはともかく・・この映画ネタは高年齢者向けですね。
    ハリウッド映画が大好きな映画ファンなら飛びつきそうですが・・一般の方には中々難しいでしょう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月24日 09:05
    > mixiユーザー 

    上映時間が三時間近いとは・・よくもまぁこんな映画を作ったものと感心します。
    西部劇は個人的にあまり興味がなかったので、この映画を観る事を少し迷いました。
    また、ブルース・リーの描き方についてはちょっと問題になっているみたいですね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する