ホーム > mixiユーザー(id:8437995) > mixiユーザーの日記一覧 > 海自護衛艦「あやなみ」着工

mixiユーザー(id:8437995)

2019年01月07日02:31

87 view

海自護衛艦「あやなみ」着工

前回の「むらさめ」に続いて「あやなみ」を建造しよう。
塗装工程で2艦同時建造するためだ。
尚、「あやなみ」は昭和33年2月に竣工。
船体形状は「むらさめ」型と同様に本艦も甲板後部に“通称オランダ坂”を採用している。

・TOP左画像
「DD-103 あやなみ」 1/700 ピットロード
このキットは発売前の試作品をピットロードから頂いたものなので、キットの箱が無い。

製作の参考資料は下記となる。

フォト

『丸スペシャル60号(1982年2月号)護衛艦あやなみ型』
発行所:蠶書房
発行日:1982年(昭和57年)2月12日
B5判/全70頁

フォト フォト
↑(左)
『海上自衛隊の艦船1946〜2001』
発行所:螢妊襯申佝
発行日:2001年4月25日
B5判/全172頁
↑(右)
『世界の艦船596号(2002年5月増刊号)海上自衛隊の50年』
発行所:螻た夕
発行日:平成14年5月15日
B5判/全188頁

フォト フォト
↑(左)
『世界の艦船617号(2003年10月増刊号)自衛艦史を彩った12隻』
発行所:螻た夕
発行日:平成15年10月15日
B5判/全162頁
↑(右)
『世界の艦船630号(2004年8月増刊号)海上自衛隊全艦艇史1952〜2004』
発行所:螻た夕
発行日:平成15年8月15日
B5判/全266頁

それでは製作開始!

フォト


船体後部に艦尾甲板を接着。
「むらさめ」と違って、艦首部は一体成型となっている。
接着面の段差処理手間を考えると、この方がありがたい。

フォト


砲塔類を可動式にしたいので穴を開けてチューブパイプを仕込む。
また、展示台固定用のナットを艦底に仕込む。

フォト

展示用の木製ベースも準備完了。
作品をネジ固定できる。

フォト

艦橋側板の継ぎ目が気になるのでパテ処理する。

フォト フォト

艦首側面にヒケ(えくぼ)が生じているのでパテ処理する。

フォト フォト

前後の旗竿取付位置は根元に円形のモールドがあるが、これは削り取る。

フォト フォト

垂直になった艦屋形状は削って傾斜させる。

フォト


煙突や探照灯台等は真鍮線を差し込み、仮固定している。

今夜はここまで。
つづく
19 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年01月07日 08:25
    建艦、順調ですな 羨ましい年明けです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年01月08日 02:17
    > mixiユーザー 

    艦船部門のテーマチーフなので責任を果たす必要があります。
    早いうちに数隻を完成させておきたいです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する