ホーム > mixiユーザー(id:8437995) > mixiユーザーの日記一覧 > 岡山探訪 第366回 「鬼ノ城」の西門

mixiユーザー(id:8437995)

2019年01月02日18:08

83 view

岡山探訪 第366回 「鬼ノ城」の西門

今年最初の「岡山探訪」紹介です。
昨年の年末に用事で総社市へ行く機会があったので、昼食タイムで久しぶりに「鬼ノ城」(きのじょう)に立ち寄った。
ここは桃太郎伝説の由来になっている古代山城で、昨年5月には日本遺産に指定されている。
また、以前に訪れたのは2011年なので7年振り。
その後も史跡の発掘調査が進み、城郭全体がよく整備されていた。

・TOP左画像
「鬼城山」
ここは吉備高原の南端に位置し、標高400m級の平坦な山頂部に古代山城が7世紀後半に築かれていた。

フォト

「城郭入口」
山頂付近まで車で登城出来る。
しかし、途中の道路幅は狭いので注意を要する。

フォト

駐車場から斜面になった遊歩道を600m程歩く。

フォト
↑(TOP中画像)
「学習広場」
城郭の西側から遠望できる展望台デッキが設けられている。
以前に来た時には無かった。
ここから眺める景色が次の画像です。

フォト


フォト

↑(TOP右画像)
「角楼」と「西門」を中心に復元された西側の城壁部
ここ展望デッキから最高の姿を満喫できる。

フォト


「西門跡」解説パネル写真
12本の柱の位置と太さ、深さ、各柱間の寸法、通路床の石敷、石段等、きわめて良好な状態で残っている。
これらの規模と構造により関連資料を参考に城門を復元。

フォト フォト

「西門」前面
間口3間(12.3m)、奥行2間(8.2m)
棟までの高さ12.8m、二階床面積103.9

フォト


フォト


「西門」全景
1階は通路、2階は城壁上の連絡路、3階は見張り、戦闘の場として機能をもつ、
屋根は瓦が出土していないので板葺となっている。


さて、特に山頂からの景色が最高だったので、昨日も初詣を済ませた後に家族を案内し再訪した。
元旦ではあるが、こんな山城に遠路、多くの観光者が訪れていた。
ここ「鬼ノ城」は全国的に見ても第1級の古代遺跡なので、今後も城郭各所をじっくりと紹介したい。

つづく


・過去の関連日記
岡山探訪 第72回 鬼ノ城(前編)(2011.8.5)
https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1758945051&owner_id=8437995
岡山探訪 第73回 鬼ノ城(後編)(2011.8.6)
https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1759399393&owner_id=8437995&org_id=1758945051

15 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する