ホーム > mixiユーザー(id:8437995) > mixiユーザーの日記一覧 > 岡山探訪 第212回 大松山城跡

mixiユーザー(id:8437995)

2015年11月30日09:56

142 view

岡山探訪 第212回 大松山城跡

展望台からの見学を終えて「備中松山城」へ再登城した。
中腹の“ふいご峠駐車場”は僅かな駐車スペースしかなく、土日は麓の駐車場から送迎バスが運行されている。
しかし、我々が到着した時間は朝の7時半なので、運よく最後の一箇所が空いていた。

・TOP左画像
「備中松山城」
二の丸から「五の平櫓」と「天守」を望む。

ところで、臥牛山(がぎゅうさん)は標高487mの山で、前山(下太鼓の丸)、小松山(本丸)、天神の丸、大松山(大松山城)と称される4峰で構成されている。
創築期は標高470mの大松山に築城され、その後に城域が拡張。
現在の小松山(標高430m)が「備中松山城」として城郭の中心となるのは、元亀2年(1571年)に入城した三村氏時代からである。
今回は小松山からさらに足を延ばして大松山を目指してみた。

フォト


フォト

↑(TOP中画像)
「土橋」
深い空堀に掛けられていた木造の橋を復元。
天守から少し下るとすぐに到着できる。
戦乱の際は防衛上、この橋は壊されると言う。

フォト フォト

フォト

「相畑城戸跡」
備中松山城から350m。

フォト


フォト

「天神の丸」の堀切
本丸と出丸の間に設けられている。

フォト


「天神の丸」縄張り図

フォト

「天神の丸跡」
備中松山城から420m。
小松山から大松山に南北に続く尾根上に位置する。
ここは天正2年(1574m)に備中松山城・三村氏と毛利氏が戦った“備中兵乱”では最初に陥落した場所。

フォト
 
フォト


フォト

↑(TOP右画像)
「大池跡」
小松山から約500m先に大きな池がある。
この池は総石垣で築かれた23m×10mの井戸跡で、当時は覆屋(おおいや)と呼ぶ屋根が掛けられていたと言う。
自然に湧水が溜まったもので、現在の水の色は不気味にどす黒い。

フォト


「臥牛山のアベマキ」
“森の巨人たち100選”(林野庁)に選定された樹齢350年のアベマキで樹高は30m。

フォト


「大松山城」縄張り図

フォト フォト

フォト フォト

「大松山城跡」
備中松山城から580m。
ここは中世城郭の遺構になる。
延応2年(1240年)に有漢郷(現・有漢町)の地頭であった秋庭三郎重信が築城したと伝わる。
周辺には6箇所の平坦地が見られ、他にも腰曲輪(こしくるわ)と言われる小さな平坦地が数箇所ある。
また、堀切は箱堀状になっている。

フォト

本丸と二の丸の間に見る井戸


ここ臥牛山も紅葉シーズンが終わり、辺りの地面は落ち葉で真っ赤な状態だ。
雑草の少ないこの時期は、これから山城探索には最適の季節になる。
ここは程よい高低差と距離なので初心者には丁度良いコースだろう。
次は麓に降りて高梁の城下町を探索しよう。
つづく

14 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年11月30日 11:51
    それにしてもお城めぐりに模型に映画とアクチブな提督には頭が下がります!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年11月30日 19:39
    晩秋、ですね。 これらの光景も季節が変わればまた異なる表情を見せるのでしょう。 しかし、井戸跡の水色はホントに不気味ですねぇ…なんか出てきそう…あせあせ(飛び散る汗)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年11月30日 19:48
    55号さん
    お褒め頂きありがとうございます。
    何をするのも好きな事だから出来る訳で・・そうなんです。
    模型、映画、史跡探訪は私の3本柱です。指でOK
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年11月30日 19:53
    しめさばさん
    これから寒くなると外出するのも厳しくなります。
    また、標高の高い山城では雪にも注意する必要があります。
    ところで、ここの大池は本当に黒い水でした。
    普通に濁った池でもこんな色にはなりません。
    なぜなんでしょうね?
    本当に不気味です。
    聞く所によると、当時はこの水で水浴びしたり兜や鎧を洗っていたそうです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する