mixiユーザー(id:8426595)

2019年11月09日13:29

71 view

心豊かな楽しい老後に備える その6

公私共に多忙な日々が続いてしまい、日記に記しておきたい出来事を速やかに記せない状態が相変わらず…。
お題の件、そのあれこれを日記に記し、自分の記憶に残しておきたい。
 
11/04(月)のこと。
いつものお店の Owner から毎度の Short Mail が届いた。
その内容を確認すると…
 本日 LP 150枚程を仕入れました
 明日11時頃には入荷の予定です
 奮ってのご来店をお待ちしております 
…なんだそうな。
ん〜、そうか、そうか。
仕事の Shift は遅い夜勤(就業:0:00〜8:10)だったので、これは好都合である。 
翌日も夜勤明けだった 11/05(火)の朝、一旦は帰宅して毎朝の Routine も済ませたらば、早速にいつものお店へと足を運んだ。
案内では 11:00 頃に入荷とのことだったけれど、10:30 にはお店に到着してしまう。
すると…
 あら…?
 もう来ちゃったの?
 流石の(ハイエナ)1号だよ!
 実はさ
 もう LP も来ちゃったんだよねぇ〜 
…と Owner の馬場さんは笑う。
 

フォト

しかも、店内には Rival 不在という絶好の環境にあった。
うっしっし…(笑) 
 

フォト

早速に新規入荷品が詰まった段ボール箱(2箱)を独り占めにして漁りまくる。
すると…? 
 
おぉ… !? 
これ、欲しかったんだよねぇ〜。
おぉ〜っ !? 
これこれ、これも欲しかったんだよ。
え…? 
嘘だろ…? 
うわっ… !? 
うぉ〜〜〜っ! 
超ぉ〜「お宝」を発見! 
くぁ〜〜〜もう、信じられん…。
 
50を過ぎたイイ大人が、我を忘れて歓喜しまくり…。
本当に信じられないくらいの Lucky だった。
それは…? 
 

フォト

前回の日記にも記したとおりで、まさかのまさか、あの Jacintha の AD が入荷しちゃったのだ。
しかも高音質仕様の 45rpm を2枚組という最高級盤だ。
でも高いんだろうなぁ〜、きっと…。
Owner の馬場さんが言うに…
 俺も驚いたよ
 まさかこれが Union に有ったとはね〜
 でさ、やっぱり高いんだよ
 仕入れるべきかは結構に悩んだけど…
 だからこれ、ちょっと高いよ! 
…とのこと。
この CAFE CRESCEND さん家で扱う Jazz AD の中古品は、売値が ¥2,000 前後が中心の品揃えである。
値札が無いものは原則 ¥1,800 で、BLUE NOTE ものや人気のある AD は ¥2,000〜¥2,800 といった感じである。
はたして、この Jacintha の AD は…? 
気になるお値段を伺ったところ…
 仕入れは ¥5,000 だったけれど
 もう Jun ちゃんなら、その仕入れでイイよ 
…と来たもんだ。
 

フォト

えっ… !? 
ホンマでっか? 
あの Jacintha の AD が ¥5,000 !? 
どひゃ〜〜〜っ! 
 

フォト

もう Owner の馬場さんには感謝、本当に感謝。
この他にも今回は13枚を選び抜き、このお店に設けてしまった私の私書箱へ…。
ところがその私書箱(正確には紙袋がふたつ)がパンパンで「もう入りませ〜ん」状態に到る。
ん〜。
そろそろまた10枚を買って帰ろうか。
こんな運びで、11/05(火)も私書箱から10枚の AD を選んで購入するのであった。
 

フォト

今回は Vocal ものも選んだ。
先ずは Doris Day で ’66年の "Sings Her Great Movie Hits" だ。
お題のとおりで映画音楽の総集編である。
 

フォト

Sue Raney を選ぶのは初めてだ。
’86年で Sue Raney with Bob Florence の ”Flight Of Fancy" も私の Collection に加える。
 

フォト

Piano ものは Paul Bley で、おそらくは ’64年に録音と思われる "Turns" も手に入れた。
イイね、イイねぇ〜。
Paul Bley ならではの Touch も大好きな私である。
 

フォト

Willis Jackson を選ぶのも初めてだ。
’74年の "Headed And Gutted" も私の Collection に加える。
Guitar は Pat Martino だぜい。
 

フォト

Guitar ものもじゃんじゃんである。
Kenny Burrell で ’80年の "Listen To The Dawn" も手に入れたぞ。
 

フォト

そして Doug Raney だよ。
そろそろ彼の AD も揃えないとね。
先ずは ’77年の "Introducing Doug Raney" を…。
更には…? 
 

フォト

同じく Doug Raney で ’78年の "Cuttin' Loose" も合わせて Get it! 
イイね、イイねぇ〜。
 

フォト

和 Jazz は、これ! 
自主制作盤というこれは未知との遭遇だったので、興味本位で選んでみた。
伊藤潮で ’87年の "We Are Jazz Kids" も私の Collection に加わる。
 

フォト

Coleman Hawkins で ’58年の "Soul" も…、のつもりがまたしても「やってしもーた」だったわさ…。
とほほ…、の重複購入である。
でも、いつものお店 CAFE CRESCEND さんだったらば…
 あぁ〜、イイよ、イイよぉ〜
 どれでも好きなのと交換すればぁ〜 
…という寛大さで対応してくれるのだから嬉しい。
これも後日に「また、やってしもーた」でお店へ里帰りさせる予定なり。
 

フォト

あの Charlie Parker の超絶演奏も楽しめる ’52年の "Jam Session #1" はあえて重複購入である。
なんとこれで3枚目! 
その3枚から一番良いのを選ぶのだよ。
で、結果的に残った2枚は…? 
ん〜。
某 Auction にでも出品しちゃおうかしらン…? 
 
今回はこの10枚を購入したけれど、2枚は重複のため8枚が新たに私の Collection に加わった。
いずれも1枚のお値段は消費税率が 10% に上がろうとも税込み ¥1,800 なので、合計は ¥18,000 なり。
で、10枚以上のお買い上げで1枚あたり ¥300 の値引きが適用されるので ¥3,000 を値引きしてくれる。
更には ¥5,000 分の Coupon Ticket も使うと合計 ¥8,000 も値引きされるので、10枚の支払い価格は Just ¥10,000 になってしまうのだ。
しかも、お買い上げ ¥10,000 以上とあらば、次回から使える ¥5,000 分の Coupon Ticket をまたいただいてしまうという「好循環」をも維持できる。
もうね、こんなにも良心的な「レコード屋さん」を私は他に知らない。
 
昨年の春から始まった「Jazz の AD をじゃんじゃん買おうぜ!」は、今回の8枚を加えて述べ295枚に達した。
毎年50枚ずつを6ヶ年計画にて、目指せ300枚! 
…だったのに、わずか1年と7ヶ月でその目標に到達どころか突破してしまう勢いである。
ん〜。
イイね、イイねぇ〜。
生涯、死ぬまで AD で Jazz を聴く! …と決心した私である。
心豊かな楽しい老後に備える為にも、まだまだ「これから」なのだよ。
そして、怒涛の勢いで私の Collection が増え続けるのはいつものお店 CAFE CRESCEND さんのお陰であり、本当に感謝している。
 
うっ…? 
感謝しているどころか…? 
うわっ…、やっちまった。
Coffee 代を払うのを忘れてたぞ !? 
それって無銭飲食じゃん…? 
あちゃ〜、それって犯罪じゃん… !? 
 
帰宅してから自身の犯罪行為に気が付き、その翌日もいつものお店へ…。
なのだけれども、話は長くなるので次回に続く。
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年11月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930