mixiユーザー(id:8426176)

2021年09月20日23:48

30 view

V6 9/12 大阪城ホール2日目コンレポ

V6の大阪公演2日目のコンレポです。


なんかね、今回は記憶がものすごく曖昧なんですよ。1回しか参加出来ないんだから、瞬きしない位の勢いで6人を観て、こころに焼き付けておこうって、必死で頑張ったんですけど…。他のみなさんが上げてるコンレポと、自分の記憶を合成してお届けします。

30分ごとに区切られた入場時間で、テント下にある最初の入場口へ。そこでまず検温と手指の消毒。その後、建物入り口で代表者のQRコードを読み込んだら、紙のチケットが発券されました。(再入場不可)

お席は1席に着き一つ飛ばしとかではなく、グループは連番で固まって座って、1席あけて次のグループ、みたいな感じでした。(だからかなあ、結構大声でべらべらしゃべってる人が多かったです。気持ちはわかりますが…。)等間隔でないせいかまばら感が無くって、しっかりお客さんが入ってるように見えました。

始まる前のコールは手拍子で。いつもと違ってブロックごとでバラバラにならない、タイミングがピッタリの手拍子。で、始まったわけですが、いつもみたいに客電が落ちたときのキャー!が言えないわけです。こっから2時間半、ぐっと声を堪える。コンサートで声援が送れないって、ほんとうにほんとうにツライです。拷問に近い〜!でも我慢だ!!その分、力一杯の拍手を送りました。

「雨」(雨音のSEから「雨」結構意外な。もっと盛り上がれるやつからくるかなあと思ってた。)
「TL」(前回コンのダンスの印象が強すぎて、最初この曲ってわかんなかった。)
「Heat Beat Groovin」(待ってましたー!ってダンスナンバー。でも声出せない、ううう。)
「太陽の当たる場所」
「OVER」(えっ、もう!?と思ったら、トロッコでした)
「UTAO UTAOU」(もう一曲あったかも?トロッコでの歌唱)

トロッコは2回ありました!1回目は各人トロッコから、セリに乗り換えて、2階席くらいの高さにぐんぐん上がっていくやつで。手すりが真ん中についてたけど立つスペース狭くて見ててヒヤヒヤした。カラーボールもサイン色紙も、今回はなし(感染対策だよね)そういや銀テもなかったですね。

ファンサしないって言ってたけんくんが、けっこうやってくれてた印象。井ノ原さんは全力のファンサ。博様のお手振りは、相変わらずロイヤル。で、会場の隅々まで目線を届けてくれる長野くん、やっぱ優しい。
トロッコの上にいる全員のお顔をしっかり見ながら、「大好き」って書いたうちわを振りました。


MC
井「コンサート、いいね〜。」
森「いいですね〜、嬉しいですね。」
岡「こころの声は聞えてますからね。」(地元への『ただいまー!』にファンは拍手で応えるとか、おかえりの気をおくるとか)
井「ハートを感じるよね。」
坂「ちゃんとルールを守れば、コンサートは出来るってことですよね。元気で最後までいてください。」

長野くんといのっちの会話で、大阪はおいしいものいっぱいあるよねーってとこから、長野くんは番組収録で前入りしてたそうで、

井「飛行機に長野くんいなかったっけ?気がつかなかったわ。」
三「うそー!」
森「長野くん、朝から余裕たっぷりでね。」
井「会場入ったら、長野くんジャージでいたもんね。」
井「これからは、古い曲もやりますし、そんなのやってたの?っていうのもやります。」
森「どの面下げて歌ってんだ、みたいな」
井「若い人には、こんなのもうたってるんだ〜って。」

ここからトニカミに分かれて、
「Ash to Ash」
「ジンクス」
「HAVE A SUPER GOOD TIME」
「Knock me real」
「Born to run」
「オレじゃなきゃキミじゃなきゃ」
「Silver bells」
「Dahlia」

で、6人合流してから
「分からないだらけ」
「マジックカーペットライド」
「Blue」
「Let Me」
「MUSIC FOR THE PEOPLE」
「BEAT YOUR HEART」
「MADE IN JAPAN」
「TAKE ME HIGHER」

MC
井「健、大丈夫か?」
お衣装のグリーンから裾に行くと青い色になるグラデーションのスーツを着た三宅さんが
三「衣装さんがマジテうまく付けてくれてなくて(シャツの合わせのところをさわりながら)ここ、お腹でちゃうんだよね〜」

井「『MADE〜』のとき、健が剛に寄りすぎる!頭蹴りそうになるんだよ、通れねえんだよ。もう坂本くん、二人まとめてくぐらせちゃえよ!」

坂本さんが、その脚を上げる振りをした後、

岡「今まあくん、脚長かったね!」
井「岡田のまあくん呼び、ちょう久しぶり。」
坂「おれ(脚)なげえなあ!ってびっくりしたわ。」

グッズのタンブラーのなかにいのちゃんマンが隠れている話など。イノシシの口元あたりにいるそうです。拡大してスクリーンに映してくれました。長場さんのいのちゃんマンなのかな?(笑)井ノ原さんはタンブラーでアミノ酸を飲んでいるようです。(いま自分も飲んでるから、銘柄知りたいです)

井「大阪城ホールはV6が初めてライブをした場所で。そのとき来た人いる?(拍手で応えるファン)いるんだ!」
三「最初の頃なんて、年に4回くらい」
長「春夏秋冬やってたね。」
井「小学校6年生の時に初めて立ったステージがここでさあ。長野君と坂本君もいたの。坂本君がアニマル柄のパンツはいて「ジョイナー!」て。」
坂「すいません、それ言わないでもらっていいですか?止めていただきたい。」
三「おれさあ、大人になったらあんなパンツはくんだって衝撃的だったの。」
坂「止めていただけませんか!」

井「おれその時小6だったから、調子のって金八先生に出てた長野くんに『おい金八!」って言ったら長野くんに怒られた。

岡「大阪で、スマップさんかキンキさんのバックやった。(なんかの曲を歌って)って、曲で。」
三「いのはらくんはスマップのバックだけやってて、調子こいてた時か。剛も出てた?」
森「多分、その曲憶えてる。」
井「そしたら、その時の写真が出てきてさ。剛の顔を切り抜いたのを帽子に貼って被ってた。」
森「俺が困ってる顔見て、楽しんでただろ。」
井「なんかね、剛かわいらしかったんですよ。」


スクリーンにベストアルバムのお知らせが出てたんですが、その「歴代ヒット曲」に坂本君がツボってて、「ヒット曲って、他になんか言い方なかったの?」って。
井「新アルバムのタイトルがさっき決まりまして。『私はタイトルが決まった日にコンサートに来たんだ』って、大阪で決まったんだって憶えて帰ってください。」

長「健がまたマジテ直してる(笑)」
三「キマイラがくっつけてる」
井「キマイラに怒られちゃうよ。」

井「大阪は楽屋が広くて、密にならなくていいよね。いろいろ差し入れいただいて。
打ち上げ行けないから、お寿司屋さんが来てくれてて。終わってからなだれ込んできた6人に握ってくれる気満々で。なのに、俺たちバラバラで行って、まばらだったんだよね。
最後俺だったんだよ。そしたら、大将が愚痴ってて。お品書きを6枚、手書きで用意してくれてて。最後は井ノ原さんだから、何でも言ってくださいよって、20巻くらい握ろうとしてたから、慌てて止めた。」


三「久しぶりにコンサートやったら、めちゃくちゃ進化してた。コンサートの様子を撮影したソフトが、ipadになってた。ひとり1台支給されて。」
井「昔はVHSでビデオデッキごと、その後DVDで、順番待ちとかで何時間もかかってたよね。便利だよね。」
三「みんなipadの話されても、って顔してない?」
井「大阪の子たちはipadの話で大興奮するんだよ。『あいぱっど〜!!』って」(拍手 とんだド変態にされてるのに。)
井「ipad、すきなんだろお〜?」(拍手)
三「拍手するしかないよね」


岡田さんが写真を撮る準備をするまで、三宅さんがふたたびマジックテープを直したり。井ノ原さんと三宅さんが「一緒に食事に行った呈で話す」ことになり。タクシーで3時間5万円かけて(井「東京着いちゃうよ!家帰っちゃうよ!」)、「うなぎデラックス」という、とんだトンチキ(?)なお好み焼きを食べに行ったことになってました。妄想トーク力すげえ。
坂「(二人の会話が)すげえ筋無しだなあと思って見てた。」

岡田さんが5人を並べて写真を撮るまでまた結構細かい指示があり。

井「2枚目の岡田が〜3枚目の写真を〜。え、撮ったの?聞いてないよ、盗撮じゃねえか。(岡田が話を)聞いてねえじゃねえか!」(スルーする岡田さん)

岡「けんくんがごうくんに強めに絡んで。」
三「おまえ最近そういう指示多いよな。」
岡「で、ごうくんは強めに嫌がって。」
森「それ得意。」

岡「長野君と坂本くんも、強めに絡んで。坂本君は普通にしてて。」
長野さんが坂本さんの方に腕を回す。

三宅さんは脚をごうくんにかけたり、髪をもふもふしながら、
三「みんな、触りたいでしょ?触らせねーぜ!」

井「(写真撮影で)ジャンプしようよー!」
岡「おま!ってかけ声で飛ぶ?」
(1枚目はおま!って言ってたけど、2枚目は無言で飛んでたよね)

ジャンプ写真、坂本君と長野君のお写真は、なんか宙に浮いてるみたいになってました。
井「長野君、時空越えてんじゃん!」

福岡へ行く飛行機のなかで、岡田さんが後ろにいるごうけんの写真を撮ってたら、CAさんから「あのー、お知り合いの方でしょうか?」って注意されたそうです。井ノ原さんいわく、その時の岡田さんは完全に不審者だったそうです。
井「あんな至近距離で撮ってるんだから、知り合いに決まってるよね。」
岡「普段帽子被ってるから、俺だって気づかれない。」
三「岡田のカメラがでかい一丸レフで、大きいな音するやつだからさ。」

手荷物検査でも、カメラの中に不審物が入っていないかの確認で、シャッターを1枚切ってくれといわれるそうで、許可もらって係員さんを撮影して、その1枚を集めて写真集出せば?って言われてました。


「High Hopes」
「Good Night Baby」(シロクマの親子の巣立ちの時のアニメが流れてて、それを3人が座って眺めてる演出で、ほのぼの。白っぽい衣装好きだな〜)
「素敵な夜」 (話しかけられた方と話しかけた方を、2グループに分かれて演じてました。けんくんの見覚えないんだけど?の訝しげな表情が可愛かったです)

「Best Choice」(坂本くんのソロがやっぱり素敵…、生で聴けてうれしい)
「PINEAPPLE」 
「家族」 
「Full circle」
「Sweet Days」(スクリーンいっぱいに、ファンの方の映像と『愛を確かな今に』っていうフレーズを合成したコーラスが。じんわり涙。)

「Believe Your Smile」(トロッコ再び)
「愛のメロディ」
「本気がいっぱい」
「Darling」(岡田さんから「心で唄ってね!」って注意がありました。歌っちゃうよね、ついね)
「グッディ」
「Honey Beat」
「Chang The World」
「WAになって踊ろう」(リーダーが途中の歌詞を『みんな一緒にがんばろうぜー!』って変えて)
「愛なんだ」(そういや、ドラマ『コーチ!』が直後にCSで放送開始)

井「みんな大変だったと思うよ。ずーっとマスクして、がまんして、感染対策考えてくれて。ありがとう。マスク下の顔を、想像してました。きっと、笑ってくれてるんだろうなって。
ばりばり口紅して、おしゃれして。
デビュー当時のうちわで、『古くからのファン』ってアピールも、見てるからね。
言いたいことは突き詰めたらありがとうしかなくて、26年間、ついてきてくれてありがとうございます。僕たちらしく、気持ちを歌にして届けたくて、そんな歌に巡り会いました。聞いて下さい『目を閉じれば』」

「目を閉じれば」(曲が終わって、メンバーみんな「ありがとう!」って言いながら手を振ってくれました。)

アンコール
「95groove」(どうしてこの曲が最後なのかな、と思ってたら、ツアータイトルじゃん!)
 

スクリーンに最後のメッセージ。けっこう長くて全文憶えていないんですが、「笑っててね(笑顔でね、だったかも)、でも無理はしないで」って言葉に、また泣きました。誰が考えて書いてくれてるのかな。メンバーだといいな。

メッセージの後に、スクリーンに6人の手が組み合わさった写真が出て(岡田さん撮影?)それはお土産として写真に撮って良かったんですよ。ケータイ、新しい機種にしてくるべきだった〜。古ーい自分の携帯では、うまく撮れなかった〜、くっそ〜。


V6のみなさん、26年間6人で、アイドルでいてくれて、本当にありがとうございました。ずっとずっと、大好きです。

これからもどうぞよろしく。






1 0
  • << 前の日記
  • 次の日記 >>

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する