mixiユーザー(id:8322553)

2020年05月31日17:22

11 view

不滅の物語

オーソン・ウェルズの不滅の物語をDVDで観た。

1968年の映画でフランス語版(50分)と英語版(58分)が存在する。

僕が観たのは英語版の方。

ウェルズ得意の構図、カット割り、照明、音楽などで意味深で不可解なイメージを助長する。

しかしテーマは、処女作「市民ケーン」で描かれた幾ら富と名声を勝ち得ても、結局は儚いものでしかないというものだろう。

いかにも映画的で唯一無二の作品。

出来れば、58分ではなく、2時間くらいに話を拡大したものを観たかったと思うのは僕だけでしょうか。



0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する