mixiユーザー(id:8290003)

日記一覧

寿司ざんまい銀座店でウニ、イワシ、赤貝の紐をいただきながら坂東太郎の営業時間を待ちましたうなぎ研究に熱心な当地飯山市、うなぎの本多さんの大将から坂東太郎の噂は聞いてはいた。ただ仕入れ値の高さから、当地では残念ながら坂東太郎うなぎを出す店は知

続きを読む

がっつり蕎麦と久しぶりに向き合うには蕎麦がきとこれがある千曲市戸倉駅近くの萱さんへ。これが萱さんのそばがきです。蕎麦掻きあるそば屋は少数派。そうしてハズレはない法則!それはそば切りならまとめて切っておいて、茹でて水で締めれば足りる通常の蕎麦

続きを読む

煩悩の塊のままでゆうけいさんなどのように断捨離、オーディオダイエッターができそうにない(笑)・デジタル機器コロナ肺炎などで一気にモチベーションに急ブレーキだが、ようやくルームチューンでESOTERICのP1.D1の実力の80%〜85%は発揮出来る環境が整って

続きを読む

インシュレーターの分類
2020年02月25日21:11

ウン十年前から、さらに昨今では品数が増えているインシュレーターですね。かつてのゴム足、プラ足からのグレードアップ。これらは工作精度が低かったシャーシの設置を軟な足で吸収する意義もあったそうですが、音質的意義は???の時代のものでしたね。以下

続きを読む

雪崩蕎麦 上田 刀屋
2020年02月25日14:58

上田駅周辺の山盛りそば三羽烏の一つ、刀屋に久しぶりでした。なだれそばです。正確にはもりそばの大盛り950円(税込み)雪崩の由来は何度注意して食べても、山が崩れて、雪崩のように蕎麦がテーブルに溢れるからです。上田市内というか、ここまで太い蕎麦も

続きを読む

横浜関内の大黒ふ頭近くや、神戸駅からすぐが勤務先だったこともあって、横浜中華街、南京街に足繁く通いました。そのため、少々中華にはうるさいつもりです。自分なりの口に合う中華料理屋を簡単に見抜くルールがあります。それはチャーハンを頼むこと。これ

続きを読む

現在のウーハーボックス下の砂床です。砂は現在ガラスの元になる珪砂を敷き詰めています。床振動、床共鳴を防止するために砂でダンプとスピーカーからの振動が床に伝わったものを速やかに砂粒の摩擦熱に交換して消してしまおうというたくらみです。ASKA社浅井

続きを読む

信州蕎麦の店では、辛味大根おろしを絞った汁の「おしぼり蕎麦」よりもむしろ多くの蕎麦屋にあるのが「くるみ蕎麦」です。これがくるみ蕎麦のつゆです。それはそうと、写真は途中からになっていますが、今日は普通盛りの十割をまず岩塩で、次におしぼり汁で追

続きを読む

いくつかの料理が提供されて、好物から先に食べます。お腹が一番空いているときが一番美味しく感じるから。もちろん美味しいものを最後の楽しみとしてとっておくという場合もあります。しかし肺炎で死んでからではどうしようもありませんから。

続きを読む

今日は午後一で愚娘の英検2級の試験だそうです。外は雨。コビット19もありますし、部屋で音楽と作業の段取りです。こちらはお金もほとんどかからない改善法なのですぐにでも試してみたいです。ホーン下にマグネシウム粒をミニ洗濯ネットに入れて敷いたそうで

続きを読む

デジカメを昨日カカオラーメンを食べた幸楽苑に忘れたので取りに行ったついでに食べてきました。メニューがいつのまにかだいぶ変わっています。従来の400円ちょっとの中華そばもありますが、どちらかというとこちらを食べて欲しい感じのメニュー表です。バイ

続きを読む

かつて北欧大使のご招待で北欧三カ国への福祉、医療視察旅の際にバルト海クルーズをしたので、船旅が何たるかはよく理解しているつもりである。ちょうどどうして今のタイミングか?クイーン・エリザベス号で日本周遊ツアーをしませんかという案内が届いた。そ

続きを読む

そんな蕎麦は蕎麦専門店ではなく、和食店というのですから驚きますでしょ。R18沿い、長野おいしい広場内、和食 あおきです。今日は更科そばの大盛をいただきました。通常880円の200円プラスで倍です。別名「大名そば」とも呼ばれる蕎麦の実の真ん中の芯の部

続きを読む

敬愛するジャズ、ラテンシンガーMAYAちゃんがニューアルバム「しろいくろ」でJaZZ JAPANアルバム・オブ・ザ・イヤー高音質ソフト部門を受賞しました。それに寄せた感想がミュージシャン側にもいて、録音もし、今こうしてオーディオ再生にいろいろと取り組ん

続きを読む

ローカルTV「ずくなしテレビ」から。県内楽器製造工場の訪問です。乾燥している県内気候と木工が盛んだった信州では腕の良い木工職人がたくさんいて、木工技術が決め手の楽器製造の職人確保が容易だったから。松本のギター工房では珍しくアコースティックギタ

続きを読む

あぶらねんどでやり直し
2020年02月20日20:33

100均日記で質問をいただきましたのでその回答です。これだけ買った油粘土。5kg以上はあります。TroyStudio 音響拡散パネルの鳴き止めで、同じDAISOの紙粘土や石粉粘土を詰めたのですが、乾燥して固くなったら剥がれてしまいましたげっそり音がおかしいとパネ

続きを読む

どうしても油粘土がたくさん必要になってDAISOへ。店にあったあぶらねんどを全部買い占め。そうしていろいろと。便利グッズはDAISO充電単3電池と、これを単2、単1サイズに変換するアダプターです。こうして単3電池を差し込むだけで単2にも単1にも変身です。先

続きを読む

一番太い蕎麦といえば知る限り千曲市の信州蕎麦 誉さん。ホマ店長さんが、太くした理由を、かけそばに入れても伸びにくいようにしたのでとされた。これまで冷たいおしぼり蕎麦ばかりですので、久しぶりに蕎麦屋のかけ蕎麦をいただきました。かけそば750円の

続きを読む

正確には招聘された小川隆生さんへのアルフレッドライオンの奥様ルース婦人からの手紙です。以下引用アルフレッドは、この世を去る直前まで、「マウント.フジ.ジャズ.フェスティバル」で自分が撮った写真や、放送局から贈られたフェスティバルのビデオテープを

続きを読む

名前は多くがご存知も墓が横4m.縦1.5mの帝王サイズのほか、有名な股関節手術、椎間板ヘルニアなど多くの整形外科疾患の背景には遺伝病である赤血球が鎌状に変形する鎌状赤血球症に生涯苦しめられていたことは覚えておいて損はありませんね。 またマイルス・デ

続きを読む

コロナ肺炎と鰻
2020年02月17日19:52

義母が精力を付けて、コロナ肺炎に耐えられる身体作りにとかってきてくれました。ちょっとした鰻パーチーになっています。

続きを読む

横綱さんなら800円でこれだけ食べられます。750円ならこれだけ。あまり変わらないような・・・直径が違うのでしょうかうまい!普通が650円。別途鴨汁やおしぼり、とろろ、くるみというくるみを摺り下ろした汁を追加できます。おしぼりなら味噌と溶いた通常バー

続きを読む

オーディオノイズと遊ばせておくのはもったいないモバイルバッテリー。ガチャポンポンのライトアップに利用しています。こちらのバッテリーなら、満充電で濁していずれも100均の二個のUSBライトを電灯しっぱなしで二週間。こちらのモバイルバッテリーには内蔵

続きを読む

まだ辛味大根いけます!
2020年02月16日18:35

長野IC近くの蕎麦 横綱のおしぼり蕎麦の大盛り980円(税込み)相変わらずのこの盛りのコスパの高さ。ふつうのもり蕎麦なら780円で済みます。それはそうと、ここと一笑亭のおしぼり蕎麦のおしぼりの多さ。2つお椀にして、一つは醤油、もう一つは付属の味噌と2

続きを読む

同じテーマで同じ日の連投をお許しください。それだけ音質アップにエクスタシーということでわーい(嬉しい顔)1週間ほどトーマンThomannS-75 MK2をソナス・ファベール/アマティ・トラディションに繋げていましたが、仮想アースCAD3のアースケーブルをアコリバ特注品にし

続きを読む

知り合いのメルマガより引用。<8世紀頃に約2700万人だったヨーロッパの人口は、その後、順調に増大して1300年には7300万人にまで膨れあがった。しかし1348年にペストが大流行し、わずか3年間で人口の三分の一を失うにいたる。健康な人間が伝染病で次々と倒

続きを読む

著作権の関係で消えてしまうかもしれないので聴き比べてみてください。MFさんというオーディオ自作PCを作られている方の各社ストリーミングとリッピング?ダウンロード音源です。https://youtu.be/CRIzc0PvZkE00:30  Amazon music HD04:20  mora qualit

続きを読む

蕎麦屋のつけ麺
2020年02月16日08:29

手打ちそば 桜の大将が肩手術をして蕎麦を打てなくなった代わりに開発した蕎麦屋の中華そばとつけ麺。先日は中華そば昨日はつけ麺をいただきました。中華そばとの違いは細麺に対して、つけ麺は太麺。蕎麦粉も練り込まれていることがわかりますね。太麺も相ま

続きを読む

アコースティックリバイブ石黒社長に相談して、特注でリアルアースケーブルに続き、仮想アースケーブルを作っていただきました。これがこれまでCAD社のCAD3仮想アースに繋げていたオリジナルケーブルとWestern Electricスピーカーケーブルを使ったアースケー

続きを読む

東京に出てきて、ドラマーとしてスタート。20歳前後にはもうレコーディング&マスタリングスタジオに出入りしていた。小学生高学年で自作スピーカー、中学生の時の技術家庭でトランジスタープリメインアンプを組み立てていた。電子技術と楽器の音の双方をわか

続きを読む