mixiユーザー(id:8290003)

2021年04月11日22:58

198 view

英国車MGの足回りに心底驚く

地元楽器仲間、車仲間で、高級クラシックギターを販売されている彼にマニュアル車の小型車を選んでいて、スズキのスイフトスポーツMTを試乗した話しをしたら、FIATベースのアバルトが来ているから、性格が全く異なるこれも乗っておいた方がいいよと。

それも運転しましたが、今回一番感心したのは、彼が昔から所有されているイギリスのMGというクラシックカーです。
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト

フォト


半世紀くらい前?当時の実際にサーキットも走ったという、英国最新スポーツオープンカーだったものです。

急加速、コーナリングでもロールしすぎず、路面の凹凸をしなやかにこなしていきます。
一切の突き上げ感はありませんでした。
フォト


フォト

そうしてコンビニ駐車場から車道に出るときの段差などの凹凸。
これもガタンとなることもまったくなく、スルッと乗り越えます。

乗っていったN-BOXの足回りも軽自動車の中ではよく出来ていると思いますが、MGに比べられるものではありませんした。

電子制御もなにもなかった時代にこういうところも感性でバランスよくダンパーやバネ、取り付け方法が吟味されたのでしょうね。

ギアやインパネ周りです。
フォト

フォト

フォト

フォト

フォト


面白いのがアンテナ。オリジナルの状態でボタンを押せば電動で上がっていきます。
フォト


カーステはカセットとラジオにオーナー自ら取り付けのモノラルの小型フルレンジであえて当時相当?のラジオ音質を目指したそうです。
たしかにエンジン音が楽しいこのオープンカーに音響に凝ったカーステは不要ですね。

エンジンルーム内も見せていただいている間もオーナーはウェスであちこち拭かれています。
フォト

右側の黒いキノコ型のエアクリーナーから吸い込まれた空気がその次の銀色のインジェクションでガソリンと混ざって霧状になってエンジン内にと、分かりやすいですね(笑)
フォト

フォト


これが大事で、不良部分などをすぐに発見できて予防メンテナンスが出来るそうです。

アフターパーツもたくさんで、日本車並の安さで英国から通販で手に入るのは、祖父のコートを孫のごとく、良いものを買って長く使う」英国の素晴らしさも知りました。

ライトはオーナーによってLED化するなど、整備工場も長野市内に優秀なところがあることがわかりました。

EV自動車時代を目前にしての、あえてガソリンマニュアル車選び。
この方向もありますねえ。
20 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年04月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930