mixiユーザー(id:8290003)

2020年07月11日12:15

144 view

デビィ婦人オフィシャルblogより 身勝手至極な母親により餓死した 可哀想な3歳児

皆さま ごきげんよう



またもや 自分勝手な母親による



悲しい事件が起こりました。



東京都大田区のマンションで 3歳の



梯稀華(かけはし のあ)ちゃんが8日間も



一人きりで自宅に放置され、脱水症状と

飢餓状態で死亡しました。 



母親の居酒屋店員 梯沙希容疑者(24)は、



7月7日、保護責任者遺棄致死の疑いで



逮捕されました。



5月上旬頃、梯容疑者は 交際男性に



会うために鹿児島県に出かけ、自宅に



戻った6月13日、稀華ちゃんの異変に



気づき、119番通報しましたが、搬送先



の病院で死亡が確認されました。



この前にも 同じ男性に会うため 鹿児島



に出かけ 3日間留守にし、娘を放置。



救急隊が駆けつけた時、稀華ちゃんは



奥の部屋に敷かれた マットレスに



横たわっていたそうです。 3歳の



稀華ちゃんは十分な食事を与えられず、



餓死してしまったのです。 発見された



ときは 死後数日が経っていたとみられ、



体重は 同年齢の子供より 3キロほど



軽い 約11キロだっとそうです。 



更に 娘を放置している間に会っていた



交際男性との やり取りの履歴を



携帯電話から 削除していることが



8日の捜査関係者への取材で分かった



とか。 警視庁捜査一課は、梯容疑者



が 育児放棄(ネグレクト)を隠蔽しよう



とした可能性があるとみているようですが 、



とんでもない母親です! 



インスタには 楽しそうに友人たちと



飲食をしたりする 写真を載せていた



母親。 子どもがいながら 食事も与えず、



たびたび外出し、おまけに 外に出られ



ないように ドアをふさぐために ソファを



置いていたなんて。 とんでもない母親!



部屋から出られず、お腹を空かせて



母親を待ち続けて亡くなった 稀華ちゃん



が本当に不憫でなりません。 



2010年にも 大阪で若い母親、下村早苗



(逮捕時 23歳)が ホスト遊びに ほうけて



2人の子供を密閉した部屋に 50日間放置



して餓死させるという事件がありました。 



彼女は 懲役30年の刑になりました。



こういう母親には 同じ目にあわせて



あげたいと思ってしまいます。 



重刑を願います。

https://ameblo.jp/dewisukarno/entry-12610044521.html
9 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年07月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031