mixiユーザー(id:8290003)

2020年07月11日09:29

199 view

アースループの発見法と対策

一つ前の日記に関連してアコースティックリバイブ石黒社長から、「お使いのCAD社の仮想アースCAD3の端子間でアースループが出来ていないか、テスターで確かめるべし」と。

早速、テスターを抵抗モードにして、端子相互間の抵抗値を計って見ました。
フォト


あたたた。しっかり導通しています。

代理店や販売店がCAD3の6端子にいろいろな機器を繋げてアースを取りましょうというのは、わざわざ機器の間に大きなアンテナを作ってかえって高周波NOISEなどを呼び寄せてしまいますね。

以前、このEL156真空管プッシュプルアンプを一台のCAD3に繋げた時に、発振したり、ノイズが増えたのもけだし当然です。
フォト



問題ないはずとの回答の輸入代理店、ステラは一体何をやっているのか?

対策はモノラル機器にならこうして2台のCADを用いるしかありませんね。
フォト


石黒社長、ご指摘、ご指導ありがとうございました。
オーディオ界はオーディオアクセサリー誌、福田、鈴木、輸入代理店など、バカばかりです涙
9 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年07月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031