mixiユーザー(id:8290003)

2019年11月30日11:28

392 view

ルームチューン材 HIBIKI追加に音快速

ASKAの浅井社長と凄腕オーディオファイル方を訪問させていただいた際に、浅井社長と相談して、この広帯域吸音柱、HIBIKIをさらに6個発注しました。

現在音楽室では24個使っていますので、計30個となります。

というのも現状のスピーカー裏の状況です。
フォト

フォト


後1個積み重ねれば天井のコーナーまで届くのですね。

コーナーというのは低音を中心とした音の吹き溜まりなので、本当はこのHIBIKIを縦横として設置したいところです。

ところが前にこのような重いスピーカーが置いてあって、移動してハシゴが掛けられませんで次善の策です。

さらに特注でスピーカー内部の吸音材もお願いする予定です。
フォト


浅井社長はスピーカーを後面開放にしてしまい、後ろに出た音は箱内部や壁に取り付けたこれで吸音させて前に回らないようにしているとか。

よく吸音しすぎると音が死ぬと言われますね。
あれは中高域だけ吸音するのが従来のグラスウール、フェルトらの吸音材だからで、この低域まで吸音するセラミックカーボンのHIBIKIならそれはないそうです。
フォト

実際に拙宅でもそう感じています。

同じく広帯域の吸音材としてコトブキさんの音快速があります。
フォト

フォト

フォト


InterBEEで体験してきました。

特殊アルミで吸音させようというもので、新幹線の防音壁や大型船のエンジンルーム内に使われているとか。
http://www.kotobuki-kogyo.jp/sound/special/onkaisoku.html

環境が悪すぎて、その効果効能を感じるには今2つの環境と位置でしたので、自宅で試したいですね。

HIBIKIに入っているセラミックカーボンは元々は老人ホームら異臭が発生する場所での、脱臭剤として開発されたものだそうです。

冷蔵庫のキムコではありませんが、どの程度で脱臭効果が失われるのかと質問しました。

上記微細な穴に匂い成分が吸着するわけだが、1gあたり400屬砲發覆觝挧γ碓未糧細な壁面を有しています。韻(HIBIKI)1本では東京ドームグラウンド面積の23倍以上の約30万屬砲發覆蝓△修侶蠅全て埋まるのに50年かかるのかそれ以上か。

平蔵さんの寿命より長いはずなので安心くださいと。

帰宅すると音楽室が締め切ってあっても、匂いなくクリーンな空気が維持されるのもお気に入りです。


8 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年11月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の日記