mixiユーザー(id:8290003)

2019年11月28日09:39

401 view

TIAS 内部基盤、内部構造など

最近はオーディオ技術誌ですら,オーディオ機器の内部配線、内部基盤、スピーカー内部を明らかにしなくなりました。

これをメーカーや輸入代理店自ら公開している意味でもTIASに行く意義はありました。

たとえばこのESOTERIC Grandioso D1Xのディスクリート基盤。
フォト


電気的意味から基盤パターンは90度を角張って描いては駄目で、円弧を書いたパターンにする基本に沿っているほか、音声電力の流れを音質から検討したことがすぐにわかります。

その他です。部品配列が美しい機器が音もいいような気がしています。

キソアコースティック
フォト


YAMAHAのセパレートアンプ
フォト

フォト

フォト

フォト



LINNのアンプ内蔵ネットワークプレーヤー
フォト

フォト


オーディオクエストの900万円のスピーカーケーブルには驚き
フォト

フォト

フォト



mola mola
フォト

フォト

フォト


MAYAちゃんと一緒に
フォト

フォト


アキュフェーズ
フォト

フォト

フォト

フォト

あせあせ
FOCALのトップエンドスピーカーのウーハー励磁電源
フォト


EARのパラビッチーニさんの手書きしていたころの基盤パターン
フォト



もうすぐ出るESOTERICのネットワークプレーヤー
あのESOTERIC Grandioso K1Xからメカを外してネットワークプレーヤにしたもの。
K1Xが280万円、これが150万円ですから、新型VRDS SACDメカのお値段は130万円か
フォト

フォト



トランスペアレント社のハイエンドケーブルの断面
フォト

フォト


MSBのDAC
フォト

フォト

フォト

フォト


愛用のドイツ フィニッテエレメンテのラックの構造と設計者
棚板はハニカム構造でとても軽いです。
フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト



フォステクスのお手製ルームチューン。フラッタエコーを拙宅と同じ方法で回避。
フォト

フォト

13 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年11月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930