mixiユーザー(id:8290003)

2019年11月27日06:45

479 view

TIAS 現代スピーカーには分割振動ない

有楽町の東京フォーラムのフォステクスブースにて

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト


周年記念のフルレンジはかつてのフォスター電機のこちらがオリジンだそうです。
フォト

フォト


この白い上のと違って分割振動しないタイプ
フォト

フォト

フォト

フォト


民生用は振幅を大きく取ったり、響きを重視するために振動板はプロの点駆動ではなく、円筒での面駆動にしているくだりなど面白いデモでした。

いずれにしても、今どき紙の振動板というのは苦しいですね。
紙で剛性取って分割振動を避けたければ、こういう特殊形状の振動板にするしかないのですね。
好き嫌いは別にしてハイエンド民生、プロ音響から紙は放擲されていますから。

紙は箱中の音も紙を透過して漏れますし、現代ではいいことないです。

たとえば最新アクトンはセラミック振動板を2枚重ねて間はハニカム。
セラミックだけですと割れますし、軽量化と高剛性との両立ですね。
フォト

フォト


タクトも見かけはかねてからに見えますが、カーボンサンドイッチの高剛性振動板で分割振動などは認めないタイプ。
フォト


こちらの田口やPMCの平面振動板は、平面の時間軸に狂いなく伝達できるメリットのほか、間違いなくハニカム構造からの高剛性振動板ならではの分割振動しないメリットの確保と見ました。
フォト

フォト


好き嫌いではなく、業界標準とか音レベルで紙はもう個人的にはないですね。
やはりコルゲーションの入ったJBLなどはもはや現代レベルからはかなり遅れた昭和思想の振動板ですねえ。

7 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月27日 07:55
    分割振動やバスレフなど、共振を利用した方式は、どうしても共振音が目立つので、昔はそれらの処理を上手く行って音楽的に聴こえるように努力していたのでしょうが、現代では「そもそも共振は排除すべきだし、無くす技術が有るなら積極的に使うべし」と設計するのが世界的な流れということですね。箱の共振をコントロールして音楽的響きを綺麗に調律していたハーベスを手放して正解だったということで「勿体なかったかな?」という迷いも吹っ切れて良かったです。有難うございました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月27日 07:59
    > mixiユーザー ハーベスでは現代ハイエンドの20%か、トップモデルで30%の情報量です。情報欠落したWindows95を現代でも使うような古い音響ですね。タンノイの箱なり共々それでも好きならどうぞです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年11月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930