ホーム > mixiユーザー(id:8290003) > mixiユーザーの日記一覧 > 最新PAは自動立体音響 Mayerの新型PAスピーカーとソフト

mixiユーザー(id:8290003)

2019年11月20日10:17

98 view

最新PAは自動立体音響 Mayerの新型PAスピーカーとソフト

今回InterBEEにご招待いただいたMayerブースが今回の最初の訪問でした。

ブースを借り切って、実際に女性シンガーに歌わせて、新型PAスピーカーのデモをしていたのはMayerだけで、いかに日本市場を重視していて、この新型スピーカーの普及に熱心かがわかります。
フォト

フォト


Mayer社からも技術が来られていました。

フォト


まずは新型の構造説明です。
フォト

フォト

フォト

真ん中のディフェーザーを90度回すことによって指向性を簡単に変更できるほか、さらに他の指向性が欲しければ、別のディフェーザーが用意されています。
あくまで指向性コントロールのディフェーザーであって、ロードがかかるホーンと決して表現していないのが味噌です。

パワードスピーカーなのでパワーアンプ不要でコンソールと直結出来ます。
フォト

フォト

フォト

民生用に使うならプリアンプだけあれば足ります。
それで110dBまでの音圧を1台で出せる性能だとか。

デモはこれだけとサブウーハーモジュールが追加されて各種著名音源と生ライブで音が披露されました。
フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト


音質は小さめのライブハウスでドラムの音を聴くと、音ではなく、身体を突き抜ける風圧を感じる、そういうリアル音と音量です。

驚いたのは音像定位。
前後のほか、横壁に10台以上の2ウェイモジュールスピーカーが設置されています。
フォト

フォト

女性シンガーが会場のあちこちを歌いながら動くと、音像がその女性が動いて歌っている位置に自動定位します。


スピーカー上にカメラが付いていて、まるで自動追尾半自動運転のカメラ搭載自動車のように、歌手を覚えてカメラが追ってそこに定位させてしまうのですね。

この技術は大型ブランコなど移動が当たり前のシルク・ドゥ・ソレイユや幕張の大型遊園地での音響でも使われているようです。

もちろんスマホの画面を指でなぞるだけで、手動で音像を3次元で移動させることが可能です。

最新音響、面白いですね。


9 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する