ホーム > mixiユーザー(id:8290003) > mixiユーザーの日記一覧 > イヤホン、リケーブル

mixiユーザー(id:8290003)

2019年08月12日15:42

88 view

イヤホン、リケーブル

何の前提知識もなく、店員さんの勧められるまま、おそらくコレでしょうのままになりました。

何を買ったのか、説明できませんとあせあせ

フォト



【新製品】注目の新ブランド「Luminox Audio」のケーブルが情報解禁。(スタッフレビューあり)
https://e-earphone.blog/?p=1276295

◎特徴

Luminox Audio Shadow
フォト

 『Shadow』は、超高純度OCC(単結晶無酸素銅)線および銀メッキ銅線の組み合わせによる6芯構造と、Luminox Audio独自のペア・バランシング・テクノロジーにより、深みのある重低音と優れたサウンドステージ、光と影のコントラストのようなクリアなサウンドが特徴のイヤホン用リケーブルです。明確な音の輪郭とナチュラルな中高域、豊かな音色と響きのあるトーンを提供します。PVCジャケットが軟性、耐久性、耐酸化性を強化し、ケーブルをツイストする工程をハンドクラフトで対応することでさらなる柔軟性も確保しています。コネクタはMMCX、IEM 2pin、FitEar 2pin、qdc 2pinを用意。プラグはL字型で2.5mm/4極、3.5mm/3極、4.4mm/5極から選択できます。*L字プラグIEM 2pinモデルは、全シリーズで埋め込みタイプのイヤホンにも対応できるよう、ピン部の長さを調整しノッチ溝を追加しています。

・『Shadow』名称の由来
 「光があるところに影があり」影が後ろにあることで被写体はより際立ちます。Shadowは音に明確な輪郭を与えます。

・独自技術「Pair Balancing Technology」(特許出願中)
フォト

 独自の特許技術である「ペア・バランシング・テクノロジー」は、信号経路における電子伝送の安定性を最大限に高め、両方の信号線が同じ極性の信号を伝送する「バランスケーブル」と同様の効果が得られ、高S/N伝送を可能にします。また、アンバランス信号にも作用し、バランス伝送と同等の音質を3.5mmプラグでも実現します。信号経路全体で電子と抵抗の両方が均等にならないため、「ペア・バランシング・テクノロジー」は電子伝送の過程でトラフィックを誘導するガイドとして機能します。PBを使用することで、すべてのケーブル素材はオリジナリティーを発揮し、自然かつ原音に近いサウンドクオリティを実現します。
7 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する