mixiユーザー(id:8290003)

2019年03月31日18:56

1003 view

AVルームの設計施工 Y崎邸

オーディオは、部屋、電源(クリーン&高レギュレーション&低インピーダンス)、振動を制する、機器とする立場からはまずは本日お邪魔したY崎邸のAVルームの設計施工からレポートしたいと思います。

フォト

フォト

フォト


ロフトもあって、ここで仕事をしたり、寝ることもあるそうです。

まずは設計図書から

部屋全体
フォト


壁構造
フォト



床構造 スピーカー下の床強化策
フォト



壁の部材は体育館の天井裏などに使われる当地の会社の部材です。
木片をセメントで固めたという興味深い部材です。
なんと!かみさんの同級生の経営だとか。世間は狭い。
フォト


フォト

フォト

フォト


壁そのものは重いこの壁材が効いて、叩いても、「ドッ」。石膏ボードのような「ボーン」「ボン」といった尾を引く付帯音はしません。
フォト


壁は40dBの遮音特性を持っているそうです。
近隣や家族に遠慮することなく、好きな時間に好きな音量でAVを楽しめるマストな空間のようでした。

スピーカーステージ側壁はここにさらに吸音ウレタン材で吸音構造とされています。
フォト


17 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年03月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31