ホーム > mixiユーザー(id:8290003) > mixiユーザーの日記一覧 > 壊れにくい真空管アンプと壊れやすいアンプの内部の違い

mixiユーザー(id:8290003)

2017年11月30日05:53

3492 view

壊れにくい真空管アンプと壊れやすいアンプの内部の違い

こちらのアンプでは複数に安定動作せず、故障が早かったり苦労させられたのであえて悪例として紹介します。

サンバレー キット屋のSV-91Bという300B真空管アンプです。
フォト

この○を付けた部分の電解コンデンサーが早晩ドライアップして故障した例が多くレポートされているようで無理もありません。
フォト


平蔵のアンプです。
300BとWE252A真空管双方を刺せるコンパチブルアンプです。
フォト

同じ機能の回路部分に赤丸を付けました。
フォト


こちらは比較的能率の低いソナス・ファベール社ガルネリやアマティーを鳴らすためのEL156プッシュプル真空管アンプです。
フォト

同様の部分です。
フォト

違いがわかりましたでしょうか?

・発熱するホーロー抵抗の耐圧の違いで、キット屋のそれはおそらくギリギリ。
 平蔵のは余裕ある2倍ないし3倍のW数
 これでホーロー抵抗の表面温度に倍以上の差が出てきます。

・ホーロー抵抗と電解コンデンサーが接近しすぎ。

・発熱する部品は上に、熱に弱い電解コンデンサーは下にの熱対流の法則を守れていない

おそらく設計者はこのイトケンこと伊藤健一さんのこのような本を読んだことは無いのでしょう。
フォト

余裕を持ったシャーシを使わないそもそもの設計が悪いのだと思います。
このように商品として売られていても、耐久性など考えられていない設計製品は故障が早いので要注意です。

デザインや利益を優先するあまり、こういったセオリーが守られていない市販オーディオ製品もたくさん見ます。
内部をしっかり観察した上でないと買えません。
12 14

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月30日 06:48
    そりゃ電解枯れますね(汗)。

    PC電源の話になります。
    数年前デスクトップPCの電源部を交換する時、それまでの500W物から、
    CPU等搭載部品から推定し、ピークに必要な350Wの倍近い650W物、
    かつ変換効率ワンランク上に換え、夏場でも排気FANの静粛化を目指しました。
    今だと排気FANは気持ち程度の風量で済んでます(PCが暖房にはならない)。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月30日 06:55
    > mixiユーザー ここのアンプは都合3台も誤って所有しました。
    どれも多かれ少なかれかような問題を内部から観測することが出来ました(^_^;)。

    伊藤健一著作シリーズによると、メーカーの熾烈なコスト競争から定格ギリギリは避けなければならないものの、せめて2倍の抵抗とされていました。
    コンデンサーらも同様でしょう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月30日 07:05
    > ゴルゴ平蔵さん
    引退した知り合いの古い電気工事屋さんが、最近の電源は定格以上流れる事を想定せず、ギリギリの部品しか使ってない、と嘆いていましたっけ。
    定格でも発熱しているとも。
    コストダウンし過ぎですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月30日 07:11
    > mixiユーザー 商業ビルやマンションの電線。中華無印当たり前だそうで、アンテナケーブルのシールドは網線も使わず、皮を剥くとばらりと銅線がたらーっ(汗)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月30日 07:20
    > ゴルゴ平蔵さん
    ムンクの叫ぶ男になりそう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月30日 07:45
    > mixiユーザー 修理費用で儲かる。閉鎖したVW audiを売っていた地元のファーレンというディーラーの店長の朝礼挨拶を思い出しました。「皆さん、まだオープンして2年、苦しい!でも後1年我慢してください、車検と修理で最低維持できる利益が出るのですから!」
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月30日 07:57
    > ゴルゴ平蔵さん
    電線だと最悪、火事ですけね。
    車だって、冬の高速でエンコしてオーナーが瀕死の目に合ったら訴訟になりそう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月30日 08:00
    > mixiユーザー オーディオの電解コンデンサーを早くドライアップさせたところで火事もなければ保証期間は動けば足りて、訴訟しても客が負けますねげっそり
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月30日 08:13
    > mixiユーザー イトケンこと伊藤健一著作シリーズによると、電線メーカーはその火事だけ避ければ足りるので、電力ギリギリ。その代わり瞬間電圧降下の問題は避けられず、精密電気製品の誤動作や、オーディオの音質悪化は避けられないようです。電線メーカーに文句言っても駄目。それは機器の設計が悪いとされるそうです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月30日 12:03
    > ゴルゴ平蔵さん
    安定した揺るぎ無い電源が全ての基礎ですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月30日 12:05
    > mixiユーザー そうですね。イトケンさんもホンネはギリギリ耐圧の3倍くらいのケーブルやCRは使いたいんだと推測しました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月01日 00:18
    > mixiユーザー キット屋さのアンプ…営業妨害になるので、余り言いたくは無いですが、部品が粗悪過ぎます。

    トランスは菅野電気製ですから信頼性は中華製とは比較になりませんが、特性は悪いし、音もイマイチ…

    また電解コンデンサはTKとか余り良いものではありません。
    電解の事故は良くありまして、私はニッケミ、ニチコン、スプラグ、ローデンシュタィン、シーメンス辺りしか信用しません。

    また抵抗器も余り良く無く、中華か台湾辺りのものが使われて居ると思います。
    抵抗器も福島双葉とか日本抵抗器、デール等の信頼のあるものでなければ信用出来ません。

    そう考えると、残念ながらキット屋さんのアンプは音もイマイチで、安かろう、悪かろうとなります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月01日 08:43
    > mixiユーザー ここのSV501というアンプの300BのUXタイトソケット、だんだん端子が緩んでくるので、ラジオペンチで端子を締め直したら、端子が折れてしまいました。
    SV63というアンプでは、始終電源FUSEが飛ぶとしたら、アンペアの大きなFUSEを送ってきて、とうとう出力トランスから煙りが立ち上がりました。

    自作アンプのプロ用仕様状況にかかわらずの安定状況はレポートしたとおりです。
    http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1963688283&owner_id=8290003

    さすがはおわかりのようですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月01日 08:52
    > mixiユーザー アンプから発煙ですか…Σ(・□・;)
    一歩間違えれば、火災じゃ無いですか…

    ソケット、コネクタ類は一番重要な箇所ですね!
    安物を使うと、結局接触不良で泣くことになる…

    しかし、カソード抵抗でバイパスコンデンサーを炙るとか、もう電気のこと何も分かって無いですね(*´Д`*)

    そんなアンプに古典球、恐ろしくて刺せません。

    私も学生の頃20年くらい前ですが、安いし、憧れたものですが…f^_^;

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する