mixiユーザー(id:8290003)

2016年01月29日13:18

509 view

職場のオーディオ実験 安物なのに

この職場オーディオ。 WALKMAN ZX100イヤホン端子からラインインへではゲイン不足。
フォト
フォト
フォト
フォト

USB-DAC付ポタアン PHA-1を入れてラインアウトから出すと、カイゼンはされるけど、まだ不満。

ふとPCスピーカーのクリエイティブ社のアクティブスピーカーにイヤホン端子が出ているので、このアクティブスピーカーにPHA-1を繋いでアッテネーターに入れてみました。
フォト


あれれれ!音が生き生きと鳴る。

クリエイティブのこのPCパワードスピーカー 2本で1万円台で買った覚えが。

中のアンプは分解していないものの、お金がかかっていないおそらくOPアンプかと。

これをプリアンプに使っているようなもの。これで音質がアップするとは・・・・・

実験はタダ。安物を入れてはなどと先入観は持たずにいろいろやるものだな電球
24 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年01月29日 22:12
    初めてオーディオパワーオペアンプの音を聞いたとき(1970年代初め)、あまりの音の良さに、ディスクリートで自作するのがバカらしくなりました。以来、最近真空管アンプ作るまでオーディオとは疎遠になってましたが、方式とは無関係に良いものは良い駄目なものは駄目なのが最近やっと分かりました。色眼鏡を外して目的別にいろいろの方式のアンプを活用してます。常用はデジタルアンプ内蔵のアクティブスピーカーです。(もちろん自作品)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年01月29日 23:42
    > mixiユーザー うちも真空管アンプを貴重としながら、テレビ ビデオに繋いでいるのはイギリス Auraのトランジスターアンプですし、車は大型車はイタリアのAクラスアンプ 軽トラはデジタルアンプと多彩です。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2016年01月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31