mixiユーザー(id:8290003)

2016年01月27日10:32

688 view

アメリカ海軍真空管アンプにWestern Electric魂注入

上がオリジナルのアメリカ海軍が用いたアンプ。6L6Gプッシュプル真空管アンプ。

このオーナーのTさんがトランスから何からやり直して完成したというので、そそくさと試聴しに行きました。

試聴スピーカーはMAYAちゃんが聴いているALTEC604B&オリジナルネットワークスピーカー。
フォト

慰問コンサート〜館内PAらアナウンスに使ったと思われるのは、マイクレベルの小レベル信号まで増幅できるように、昇圧トランスが入り口に何個も並んでいるところ。

トランスは全てUTC社特性で、海軍管理ナンバーと思われるがすべてに「C○○○」と頭にCが付いている。

ちなみにこのマイクトランス、ebay ヤフオクでMCカートリッジ昇圧トランスに改造されてよく出品されています。

仲間がここからすべて部品を取り外して、新規にWestern Electricコアのトランスを注入して組み上がったというので聴かせていただいた。

組み直したきっかけは、最近当地オーディオ倶楽部で流行して、平蔵も注入したWestern Electric魂トランスへの換装が目的。
フォト

これです。
フォト


配線はWE線にていつものとおり見事なものです。
フォト


うちのと同じ構成(入力Tr→WE328A電圧増幅段→位相反転→6L6G×2(ここがうちはWE300AないしWE252A))になったわけでR
フォト


試聴! ああうちのと傾向はまったく同じ。
バイオリンのレコードを鳴らすと、バイオリンが鳴っているというよりも、弓で弦を擦っている姿を見聞きしているという風。

音がスピーカーのところで鳴っているというより、飛んでくるのも同じ。

球違い シングルアンプかプッシュプルアンプ違い。

TさんのスピーカーはWestern Electric系だからより合うでしょうね。

Western ElectricコアならではのWEトランスマジックですね電球

22 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年01月27日 20:51
    6L6GはSTタイプなのでGT管と比較してガラス管の温度上昇も少ないので、火傷の恐れも少なく使いやすいですね。初期のビーム管だから、非常に効率も良く、ヒーター電力も少なく、エコですね。歪も少なく、またその気になればPPで60ワット出せる能力も有りますし、現在的です。オーディオから送信機にまで使用された万能性も有りますし・・。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年01月27日 21:16
    > mixiユーザー 全くですね。現用のEL156とは製造本数も桁違いなので、黄金期のものも価格がこなれていて入手しやすいですし、現代スピーカーもPPないしパラPPで出力に不満も出ないはずです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2016年01月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31