mixiユーザー(id:8290003)

2014年12月29日16:01

463 view

小保方さんは監視カメラの下で気の毒 若い研究者の芽を摘むなな!などに

マイミクさんが適切に分析されておられて、同感ですので引用させていただきます
(私見)。

ゆうけいさんの日記より

『 STAP 論文に関して、科学論文およびその基礎となった研究の問題点まで視野を 広げると、ここで認定された研究不正は、まさに「氷山の一角」に過ぎない。以下の4つの点で、非常に問題が多い論文である。

1: 本調査により、STAP 細胞が多能性を持つというこの論文の主な結論が否定された。その証拠となるべき STAP 幹細胞、FI 幹細胞、キメラ、テラトーマは、すべて ES 細胞の混入に由来する。STAP 論文は、ほほすべて否定された。これだけ多くの ES 細胞の混入があると、過失というより誰かが故意に混入したはずである。
(200回再現に成功したとすると、200回故意に混入されたことになるが、これは推定で誰の仕業になるのか!)

2: 論文の図表の元になるオリジナルデータ、特に小保方氏担当の分が、顕微鏡に取り付けたハードディスク内の画像を除きほとんど存在せず、「責任ある研究」の基盤が崩壊している。最終的に論文の図表を作成したのは小保方氏なので、この責任は大部分、小保方氏に帰せられる。

3: 論文の図表の取り違え、図の作成過程での不適切な操作、実験機器の操作や実験 法の初歩的な間違いなど、過失が非常に多い。これも、図の作成や実験を行った小保方氏の責任。

4: このように実験記録やオリジナルデータがないことや、見ただけで疑念が湧く図表があることを、共同研究者や論文の共著者が見落とした、あるいは見逃した。 また、STAP 幹細胞やキメラについて明らかに怪しいデータがあるのに、それを追求する実験を怠った。これらに関しては、STAP論文の研究の中心的な部分が行われた時に小保方氏が所属した研究室の長であった若山氏と、最終的にSTAP 論文をまとめるのに主たる役割を果たした笹井氏の責任は特に大きい。

最後の問題について、もう少し詳しく考察したい。小保方氏が実験記録を残さず、過失が非常に多いことを見逃した理由の1 つは、プログレスレポートのあり方など、研究室運営のやり方に問題があったためである。論文の共著者は論文原稿の最終版を全部読んで内容を承認する責任があるが、共著者全員がこの責任を果たしていない。(中略)このような追及の甘さは、論文発表を焦ったからである。特許や研究費獲得や著名雑誌への論文掲載は、本来、悪いものではないが、それに夢中になるあまり、研究の中身への注意がおろそかになった。 以上のいずれかで適切な行動をとっていたら、STAP 問題はここまで大きくならなかった。 』
18 14

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年12月29日 17:03
    > mixiユーザー 勉強になりました。今後も頑張るのは自由ですが、こういう日本のトップ研究機関でのずさんな研究が世界に明らかになって、今後同機関を始め、その他大学機関ら日本人の研究の信用性、論文として取り上げられなくなることの弊害がむしろ心配されます。監視カメラらはこの杜撰さが明らかだっただけに仕方ないと考えています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年12月29日 17:15
    > mixiユーザー 拝読させて頂き、ありがとうございます。解り易くまとめられていて、大変勉強になりました。
    最後の方に、「以上のいずれかで適切な行動をとっていたら、STAP問題はここまで大きくならなかった。」とありますね。
    全く同感であります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年12月29日 18:59
    過失による不法行為責任が認められるようになると、研究費用3500万の損害賠償が・・・。http://www.news-postseven.com/archives/20141226_294830.html
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年12月29日 19:22
    > mixiユーザー 3500円ばかりより、ゆうけいさんのとおり、日本の研究 研究者への国際的信頼が相当失墜したみえざる損害の方が多いように見えますが・・・・
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年12月29日 19:27
    理研って恐ろしいところですね〜。
    『IPS細胞を何処か』で『誰かが別のものを入れたでありう』とも言われていますね。
    だからスタップ細胞は小保方さんのレポートでは出来ない。

    犯人追求すると理研がめちゃくちゃになるので、ただ単に小保方さん一人にかぶせて『一件落着』にしたのではもうやだ〜(悲しい顔)

    研究仲間は大きなライバル。怖い怖い所だった。

    長い髪を切って、ボブヘア~にされて小保方さん、それがまた、良く似あって可愛のだだそうで、おじ様のファンがますます増えたのたとか。ハート達(複数ハート)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年12月29日 20:47
    > mixiユーザー IPS細胞とES細胞の基本も取り違えられていて、失礼ながら女性週刊誌にも満たない内容のように拝見しました。
    また、内容が本文らとはまるで無関係で参考になるところは個人的には何もありませんでした。
    そういえば、監視カメラの下での研究 気の毒とされていませんでしたか?本文からはまだ気の毒だったのでしょうか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年12月29日 20:47
    もうアメリカ潰すから言いますが、日本で監視カメラのない建物などない。ボケーっとした顔
    全て盗聴、盗撮されてます。アメリカとイギリスと日本です。
    エシュロンと言います。ボケーっとした顔人差し指
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年12月29日 20:56
    > mixiユーザー それは数年前からテレビ 週刊誌 スポーツ新聞らで著名な内容です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年12月29日 21:06
    > mixiユーザー ほうでっか。冷や汗 もちろん、車もね。ウインク 日本では、朝鮮部落がエシュロンを管理してます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年12月29日 21:14
    > mixiユーザー 状況は二転三転して全く判らなくていますげっそり
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年12月29日 21:31
    > mixiユーザー 状況はすでに外部委員が本文のとおり、調査発表されたとおりと思いますが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年12月29日 21:34
    監視カメラの元で研究を行うというのは、テレビのヒーロー物番組で研究者(博士)が悪の組織に捕まって彼等の監視下で研究を行うというのを思い出しますが、現在最も合理的な方法だと思います。それと若い研究者の芽を摘むというのは直接関係がないような気がします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年12月29日 21:37
    > mixiユーザー  論文の図表の元になるオリジナルデータ、特に小保方氏担当の分が、顕微鏡に取り付けたハードディスク内の画像を除きほとんど存在せず、「責任ある研究」の基盤が崩壊していると評価される事態であった以上、監視カメラで記録するしかなかったと思います。
    また監視カメラがあろうとなかろうと、200回も成功したようなものなら再現できたはずであろうし、これはカメラがあった なかったとは関係ないと思われます。
    気の毒だの何だのは主観的 感傷的な本文の事態を理解しないまま書かれた内容と推測されます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年12月30日 01:30
    > mixiユーザー およそ客観的であるべき科学実験に、データの保管すらないというのですから。
    レスしたとおり、日本人からの科学雑誌らへの論文応募は信用しがたいから採用は見送ろうという流れが一番痛いところかと思います。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2014年12月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031