mixiユーザー(id:8290003)

2014年12月10日07:00

252 view

オーディオ風土記 ガルネリ・オマージュ

つぶやきのとおり、同じスピーカーをお使いのお方が掲載されていたので、備忘録しておきます。

鎌倉にお住まいの日本画家の方でアトリエでもあるお部屋で羨ましい広さです。

フォト


フォト

ガルネリのネットは外した音が好きだそうです。壁の角にあるのは特注の本箱で、音響的な意義もあるそうです。
フォト


アンプらはプライマーで揃えてあって、デザインで選んだそうです。このあたりのセンスも画家からに感じます。

パワーアンプ4台でバイアンプ駆動されているそうです。日本に何台も輸入されていないタイプだとか。
フォト



その割には電源回りにもぬかりはなく、CDを聴くときにはアナログプレーヤーやFMチューナーの電源ケーブルは抜くという徹底ぶり。
フォト


ソフトはまずは落語からスタートだそうです。
フォト


落語をハイエンドで???なんてのは古いオーディオマニア???。
フォト

ウォークマンぴあの落語家 柳屋花緑さんによると、ハイレゾ音源で落語を聞けば、ライブ録音ならではの臨場感も増すはずと。

22 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2014年12月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031