ホーム > mixiユーザー(id:8290003) > mixiユーザーの日記一覧 > 倒産したサンスイに見るオーディオ企業の姿勢と存続

mixiユーザー(id:8290003)

2014年07月17日01:55

1498 view

倒産したサンスイに見るオーディオ企業の姿勢と存続

写真は過去に使ったサンスイのアンプ 最終期の23年12月期の売上高は1543万円げっそり

対照的な企業姿勢で存続する国内高級オーディオメーカー・アキュフェーズの社長の高校生向けインタビューを裏返ししていくと、山水の倒産理由になりそうな気がします。

http://www.teikokushoin.co.jp/journals/society/interview/04.pdf

■「オーディオ御三家」山水電気が破産 負債3.5億円
(朝日新聞デジタル - 07月16日 19:21)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=2970482

東証1部上場で、平成24年4月に東京地裁へ民事再生法の適用を申請していた山水電気(株)(TSR企業コード:290060532、大田区)が7月9日、東京地裁から破産開始決定を受けた。
 負債総額は約3億5000万円。
 昭和19年12月、東京都渋谷区でトランスの製造を目的に山水電気製作所として創業した。36年12月東証2部上場、45年3月東証1部上場をはたし、その間、37年4月にセパレート・ステレオの発売を開始、以降、得意のステレオアンプ技術を活かし「SANSUI」ブランドを確立した。
 名門ステレオメーカーとしての知名度を高め、59年10月期に売上高約525億円(単体)を計上していた。
 しかし、オーディオブームの衰退やバブル崩壊による販売不振、さらにデジタル化の波に乗り遅れるなどして減収が続き、平成11年12月期(平成2年から12月期決算に変更)の売上高は約46億6900万円に落ち込み、約110億円の赤字となって債務超過に転落した。以降も販売不振から抜け出せず、音響機器製造事業から撤退した。事業は音響機器の修理メンテナンスに移行し、22年12月期の売上高は4048万円にまで減少、約14億円の赤字を計上した。
 この間、継続企業の前提に関する注記が付いたまま、13年11月以降はグランデ・グループ(香港)の資本参加を受け、同グループ支援の下、構造改革に取り組んできたが、23年5月にグランデ・グループが経営破綻したため、同グループに約54億円の不良債権が発生した。23年12月期の売上高は1543万円にとどまり、グランデ社への貸倒引当金を特別損失に計上するなどで約14億円の赤字となった。
 業績不振に加えスポンサー企業の事実上の倒産により、資金支援が得られなくなったことから、従業員給与を含め支払遅延を起こすなど業況は悪化。24年3月7日には東証より管理銘柄(審査中)の指定を受けるなどで対外信用も失墜し、24年4月2日に民事再生法の適用を申請していた。
 その後、24年12月3日には民事再生手続きが認可され、24年12月27日には民事再生手続の終結を迎えていたが、外部からの資金調達が上手くいかず資金不足に悩まされるなか、弁済債務の返済にも行き詰まり事業再生を断念し今回の措置となった。
34 30

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年07月17日 02:38
    アキュフェーズの社長インタビュー、とても良いです! 趣味の世界については正統な考え方だと思います。 単純に利益追求しなかったのが素晴らしいです。 製品のあるべき姿については、ソニーの起業時点と同じと感じました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年07月17日 02:48
    > mixiユーザー 規模も知名度も違いますが、キット屋という真空管アンプメーカーが実質10数年しか続かなかった理由と似ています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年07月17日 05:46
    山水も讃衰してしまいましたね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年07月17日 06:55
    サンスイのステレオは音が良かっただけに残念ですね。大きなスピーカーは時代について行けなかったのでしょうか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年07月17日 07:51
    とはいえ、JBLを日本に紹介した功績は忘れられません。横浜にあった山水ショールームでハークネスの設計図のコピーを買って勉強しました。(当時はJBLのエンクロージャーのコピーをショールームで販売していたのです)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年07月17日 08:31
    そう言えばサンスイのアンプとか有名でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年07月17日 09:50
    ニュースから参りましたm(__m
    アキュフェーズの社長さんの記事、拝見しました。
    山水も事業を大きくせずに、堅実なオーディオ路線で進めば、完全に消え去るといった事にはならなかった様に思えます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年07月17日 12:06
    > mixiユーザー 記事を読むと最後は製品開発は出来る状況ではなかったようでさもなんでしょうか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年07月17日 12:08
    > mixiユーザー 毎年に近いモデルチェンジで、前のモデルを陳腐化商法など、売らんかなの商いもアキュフェーズなんかとはまるで違いましたね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年07月17日 12:09
    > mixiユーザー ある種のオーディオブームのあだ花でしたでしょうか?トランスは米国の高性能で名をはせたUTC社のパクリを企図したり、JBLに依存らでしたね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年07月17日 12:11
    > mixiユーザー 御三家 パイオニア トリオ サンスイの時代でしたが、いずれもハイエンドは作れず、ほとんど初級中級機だけでした。その点でもどちらもアキュフェーズと明暗を分けていますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年07月17日 12:11
    > mixiユーザー こういう趣味の製品のメーカーは拡大 売上げ至上主義ではいずれ破綻する例と見ました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年07月17日 19:41
    以前、行きつけのオーディオ屋の店員さんと話をしていて、シェア拡大、事業拡大を追わず、音響を主軸に地道にやってきているメーカーは実はずっと業績が堅調なのだと聞きました。てっきり不景気とデフレで厳しいのかと思っていたのですごく意外でした。
    結局、お客様の為と言いつつ利益効率、拡大を第一に考える企業は意識が社内に向いてお客様が見えなくなる。利益効率(も大事ですが…)よりもお客様に良いものを伝えたいという理念が第一の企業が結果的に利益が上がるという、なんとも皮肉のような真理というべきか、これからの企業の在り方を示しているような気がします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年07月17日 20:08
    > mixiユーザー 小規模なメーカー 真空管アンプメーカーならトライオードとキット屋を比較するとお書きのとおりの違いが、今や、全国のオーディオ店に陳列されて信頼性あり(トライオード) 商品がほとんどなくなった(キット屋)でも見て取ることができます。 トライオードは社長自らコツコツと。 キット屋はトヨタ資本をいいことに、好き勝手しすぎて、今や技術部門(技術がわかる人間)もすべて辞めてしまいました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年07月17日 20:10
    残念ですね、

    デーさん
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年07月17日 20:11
    > mixiユーザー オーディオ業の盛衰ですから、他山の石にしましょう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年07月17日 20:27
    私も使っていますので、残念です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年07月17日 20:29
    > mixiユーザー 経営者としては破産までの過程は身につまされますね。外国資本が入っていない日本オーディオメーカーはアキュフェーズだけになりましたね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年07月17日 20:37
    > mixiユーザー 経営者の端くれとしては、嫌な話です。アキュは、上手く立ちまわっている様ですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年07月17日 20:40
    > mixiユーザー アキュフェーズは今はFMチューナーだけですが、20年以上前のセパレートCDプレーヤーまで修理してくれたのでかなりの高値で売れました。リセールバリューからは断トツも納得しましたって
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年07月17日 20:43
    私も中古買って、売ったら、他のセパレートアンプ買えましたから、凄いなぁーと。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年07月17日 20:45
    > mixiユーザー 長く細く確実に でしょうか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年07月17日 20:58
    > mixiユーザー そうですね!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年07月17日 22:17
    アキュフェーズの社長の高校生向けインタビュー、興味深く読みました。
    掲載、ありがとうございました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年07月17日 22:24
    > mixiユーザー とかく親の意向も影響して、有名志向、大企業志向になりがちな高校生。 こうして小さいながらもピリリと辛い山椒のような、サンスイら大手メーカーと違いリストラなどもない永続企業の理念 経営とはどういうものが知るきっかけになったのなら大きいと思いました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年07月17日 23:12
    なんと言いましょうか、、、志というかしっかりとした軸のようなモノを中心に上手く立ち回ってたのが良いのでしょうか。
    サンスイは傾いてからなにか経営を何とか安定させるが夢中でフラフラとしていたような気もしますが・・・

    私も明日は我が身、引き締めないとですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年07月17日 23:34
    > mixiユーザー 商品そのもの アフターら双方が良かったのでしょう。スタート当初から、分かれた元におTRIO KENWOODとは全く別の路線のメーカーになるという志が、皮肉にも今KENWOODはあって、どちらの資本?を連想させますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年07月18日 10:35
    私も一時期サンスイのプリアンプを使ってましたが、修理の時に煮え湯を飲まされました。会社が大きくなり過ぎて、トップの思いと社員の意識の乖離が激しいようでした。サンスイは労使関係が非常に悪かったのも倒産の原因の一つだったと思います。モノは悪くなかっただけに残念ですね。アキュフェーズは、規模が小さいだけにトップと社員の意識が非常に近い印象です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年07月18日 13:08
    > mixiユーザー 高級オーディオをやれている日本メーカーはガレージは別にすると、実質アキュフェーズとESOTERICだけな感じですね。PIONEER TADももはやどうなるかわからないポジションでスピーカーユニット生産を山形県から中国に持って行った時点で見誤りましたでしょうか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年07月18日 13:38
    > mixiユーザー 会社内の意思統一が図られていない、労使協調にないような会社から世界のうるさ型 エンスーを納得させられるような製品が生まれるとは思えないです。実際にそうなりましたね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する