ホーム > mixiユーザー(id:8290003) > mixiユーザーの日記一覧 > サブ(スーパー)ウーハーの中身はどうなっているのか?

mixiユーザー(id:8290003)

2014年07月07日01:20

2023 view

サブ(スーパー)ウーハーの中身はどうなっているのか?

ドイツのヴェロダイン VELODYNE DD-18 ¥450,000(税抜) 発売:2003年11月1日

ピンプラグが抜け加減のときに、発振させてしまったようで、爆音とともに電源が入らなくなった。

購入したオーディオ店が来られたので修理依頼。

ところが60センチ角くらいの立方体のような大きさもさることながら、重量が56キロとあります。

部屋は2F。 運ぶのは大変なので、まずはアンプ部分を取り外して、スピーカーユニットが飛んでいなければ、アンプ部分の故障と推測されます。

アンプ部分だけならすぐに運べると分解。

フォト


吸音材をどけるとサブウーハースピーカーそのものが見えます。
フォト


乾電池を繋ぐと音が出ましたので、スピーカーユニットそのものは大丈夫で一安心。

普通のスピーカーと違って、マグネットの手前にダンパーがありました。

46センチユニットからしても、マグネットも二重になっていて巨大ですね。

振幅が大きいので、ダブルダンパー構造かもしれません。

アンプ部分は12本の木ねじで木製キャビネット裏に填まっていました。
フォト

シリアル番号の他に製造年月日が書かれています。
フォト

3本ほどのケーブルをソケットから抜くと本体から分離できました。
フォト

これがこのサブウーハーのアンプ&コントロール部分です。
フォト


持っているのは小学校2年の娘です。そのくらい軽い。

フォト


これでDクラスアンプで1250Wも出るというのが俄に信じられません。見なければよかった?

製造での動作チェックをしたらしき手書きのシールも見えます。
フォト

輸入元では取り扱いを辞めているメーカーなので、修理がどのくらいまで効くか。またエレクトリというのもやや心配先でもあります。

きっちり治って、また大太鼓 グランカッサ パイプオルガンの最低域らが部屋に響き渡るといいのですが。



23 7

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年07月07日 01:51
    泣き顔治るとよいですね!プラグ抜け際の発振は幾度となくキモを冷やしたことがありました・・・
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年07月07日 01:56
    > mixiユーザー 真空管アンプではこれで壊れたことはないのですが、トランジスターですと一発で終段のトランジスターを飛ばしたことがあります。 ホント治ることを祈ります。 しかしこれで電源部も含めたアンプというのですので驚き目
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年07月07日 08:09
    ウーハーの中身、初めて見ました!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年07月07日 08:48
    デジタルアンプならではのコンパクトさですね♪ 
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年07月07日 11:52
    > mixiユーザー こんなダンパーむき出しのユニットは初めて見ました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年07月07日 11:52
    > mixiユーザー 数kgしかないです。これで1250Wも出るというのですから。電源部もスイッチング電源もあいまって軽い軽い!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年07月08日 13:07
    OPT 

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2014年07月>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031