ホーム > mixiユーザー(id:8290003) > mixiユーザーの日記一覧 > デジタル系にプリアンプは必要? アッテネーター? フェーダー? マッチングトランスはいいね

mixiユーザー(id:8290003)

2013年11月27日07:00

8675 view

デジタル系にプリアンプは必要? アッテネーター? フェーダー? マッチングトランスはいいね

かつてCDで5Vもの出力が得られるようになって、数ボルトでマキシマムのパワーアンプにプリアンプは必要なのか?が大々的に議論された。

結局、好みで終わったように記憶している。

他方で、マランツやマッキンのヴィンテージ真空管プリアンプと、現代トランジスターパワーアンプの相性の悪さ。


プリアンプなく、CDら アッテネーター パワーアンプでは音が痩せて聞こえる、低音が薄くなるなどのクレームも起きた。

これは拙宅でも経験している。

長野オーディオ倶楽部仲間の長年の実験からはこれらはある意味真実のよう。

ならプリアンプが必要かというとそうではない。

フォノはともかくラインはこの方法で解決することが発見された。

フォト



なお、かつてCDとアンプの間にライントランスを入れることが流行ったことがある。

とげとげしいCDの音が和らいで聞きやすくなるetc


これをアッテネーターとパワーアンプの間に入れるのも一考だが、インピーダンスマッチングの悪さは解消できない。

なぜなら一次600Ω:二次600Ωの1:1トランスだからだ。


プリアンプの効能は、ハイ受けのロー送りだしと言われるように、ハイインピーダンスの上流からの機器の信号を受けて、ローインピーダンスで送り出す、インピーダンス整合機としてのメリットとされる。


これをトランスにさせるには、数十kΩの出力インピーダンスを持つCDプレーヤー DACらのラインアウトを、マッチングトランス(ライントランス ラインアウトトランス)一次 数kΩ〜数十kΩで受けて 二次 600Ω前後で送り出せば、ハイ受け ロー送りだしが実現される。

600Ω送り出しは業務用の出力インピーダンスの約束毎ですよね。


拙宅のWestern ElectricのWE49アンプのラインアウトトランスのWE127Cトランスは一次23kΩ:二次500Ω

フォト



今日完成したのがこれ

フォト



中は単純です。

フォト 


このUTCのLS-55トランスは、センタータップがあって、一次3.5kΩだからWE300Bプッシュプルアンプらの出力トランスに使える。

この時代の出力トランスは業務用使用を意識して、二次には普通のスピーカー用の4Ω 8Ω 16Ωのほかに500Ωが出ている。

この後に業務用機器が接続されるパターンも意識されているトランスの500Ω巻き線を用いた。

UTCトランスのタップに抵抗が入っているのは、さらに聴きながらこの値でインピーダンス調整をして音質を最適化したものだ。

フォト


この抵抗のクオリティーがこの機器の音質を左右するので高品質なものを用いたい。

ここでは今はなきアメリカIRC社のカーボン抵抗を用いている。

比較試聴中です。

フォト


Western ElectricのWE127CがUTCに比べれば帯域は狭いものの、それを感じさせない何とも言えない音楽性があってあらためてその良さを認識した。


他方UTCは現代トランスだけに20Hz〜2万Hzまでは保証されているとおり、聴感上でもワイドレンジかつ微細表現もよく現代的だ。


どちらが上ということもなく、名だたるトランスなりの音質は確保されている。

好みなんで、パワーアンプ以下の相性 ソースとの相性 その日の気分で使い分けていこうと思っている。

日本製のトランスにはあまりハイ受け ロー送りだしのラインアウトトランスは少なかったからか、この方法が雑誌らで見かけたことは知る限りない。

是非プレーヤーと、パワーアンプはこの方法でマッチングすることもご記憶いただければ幸いです。
23 17

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2013年11月27日 07:13
    成る程、理に適ってますね、しかも試すのもシンプルです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2013年11月27日 08:27
    > mixiユーザー ありがとうございます。実は写真を見て気づかれた方も少なくないと思いますが、さらにノウハウがあります。
    2連のステレオボリュームをパラって、モノラルボリュームで使う作法です。
    これも仲間の実験から編み出された高音質方法で、正直ダーバンあたりのVOLより高音質です。このVOLの製造会社も閉鎖してしまいました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2013年11月27日 08:44
    その手が有りますか!なる程ねえ。
    所で、3Dプリンターでヘッドホン筐体試作も始まっているので、いずれ他の部品の自作まで発展すると面白い事になりそう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2013年11月27日 08:46
    > mixiユーザー はい。我々のオフ会は、隣の芝生の色観察というよりも、応用できるノウハウ探し、音質実験、持ち寄り勝ち抜き音合戦ら実践の重きを置いてノウハウの蓄積を図っています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2013年11月27日 08:55
    これからも創意工夫で頭使って楽しめそうで何よりです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2013年11月27日 08:56
    > mixiユーザー はい。パーツ一つ一つの音質吟味らノウハウの交換会です。12/7にはオーディオ倶楽部の忘年会 春にはまた発表会もあります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2013年11月27日 12:21
    金田さんはパッシブプリは音が痩せると言うパッシブプリ否定派ですが、金田さんの言う事だから間違いないだろうと、金田式DCラインアンプの出来合い物を買いました。聴いてダメだこりゃと、すぐパッシブプリに戻しました。ラインケーブルのドライブ力が無いと言いますが、増幅素子を通すと音の繊細さが無くなる。まあ、装置に寄りますが、人それぞれです。パッシブプリは低域が痩せると言いますが、それが本当の信号かも知れない。痩せるのは膨らます方向に調整できますが、繊細さが欠けたら戻す方法が無い。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2013年11月27日 12:22
    > mixiユーザー うちではプリアンプを使うと、これとは違うfatな付帯音みたいになります。余計な増幅段を入れる代わりに、ボリュームでその分のゲインを絞るというナンセンスさからオサラバできます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2013年11月27日 12:48
    私はセイデンロータリーSWに今は手に入らない抵抗器が沢山くっ付いたタイプだけのパッシブプリですが、トランス+VR式にはかなわないです。今トランスタップ切り替え式のLUXの製品を借りていて、近々比較してみます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2013年11月27日 12:56
    > mixiユーザー LUXのならフィーストレックスさんのところのファインメットが良さそうですが、トランス式ATTではimpedanceの整合化は困難です。一度ご家庭で上流とのimpedanceマッチングが取れた音を聞いていただきたいものです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2013年11月27日 23:14
    > mixiユーザー ほかにヤフオクでSTC4212らのアンプを聴いたことがあるハットオーディオラボさんもファインメットコアのものを出されていますね。 トランス式 よい評判は聞きませんが、追試レポ願います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2013年11月27日 23:52
    すみません、教えてください。アッテネータはトランスの1次側ですか?また、アッテネータのインピーダンスはどのくらいが良いのでしょうか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2013年11月27日 23:56
    > mixiユーザー 入り口か出口に可変抵抗かですが、アッテネーターはワニ口で机上実験してみてください。入り口に入れました。
    トランスは数KΩから数十kΩ、二次に300Ω〜600Ωくらいが出ていれば後は本分のとおり、固定抵抗で調整できます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2013年11月28日 00:25
    アッテネータは定インピーダンス型が良いのでしょうか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2013年11月28日 00:27
    > mixiユーザー いいえ。普通の入力VOL型で足ります。10KΩを2連にして5kΩです。 当初50kΩ2連をパラレルで25kΩよりこちらがよかったです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2013年11月28日 00:54
    わかりました。そのあたりは理論より実践って感じですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2013年11月28日 06:36
    > mixiユーザー はい。だいたい12時くらいが常用音量となると使いやすいし、音も良いように思います。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2013年11月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930