mixiユーザー(id:8282897)

2020年08月02日14:23

8 view

2020/07/24 山形へ 2日目

最近の旅行の問題に『お土産問題』がある。
職場へのお土産はクッキーやせんべいでも買っておけばいい。
(職場分と自社分と2つ買わないといけないが)
問題は家族の分。
特に父。
クッキーとかお菓子類は食べないし、お酒を買っても最近は控えているので飲まない。
(買っても、母が全部食べて飲むw)
歯も弱っているので、硬いものはNG。
そうなると、やはり海の物を選ぶことに。

て、ことで、この日は朝一に日本海のものを求め酒田市へ。
5:30頃に出発。
有料道路を使わないルートを使って移動。
基本的に曇りでしたが雲から見える朝日がいい感じでした。
フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト


途中で最上川沿いを進んでいるんだな。と気づく。
道の駅で休憩。
フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト


7:30頃酒田市に着。
早速、港に向かったが・・・何もない?
これは、市と港の場所が別のパターンだ。
慌てて調べなおして、移動。
フォト

フォト

フォト

フォト


けど、空いてないぞ?
WEBで調べたときには7:00には空いているはずなのに?
船がも出ってきていない?
けど、他にも売れるものあるはずだし、意図的に開けていないのかもなあ。
他にも右往左往する人がいる中、あきらめて次の目的地へ。
でも、土産物どうすっかねえ。
朝ごはんも食べようと考えてたんだけどねえ。
フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

次は自社の人に、「ここのそばを食べに行っとけ」と、言われていた山寺。
行ってみるとたぶん山形の地元の人がたくさんいた。
遠出する人が少ないので、こういったところは地元の人がくるよね。
行こうと思ったお店が空くまでちょっとぶらり。
話していた人が「混むよ」って、話していたから早く来すぎた。
お寺の本堂に行くのにだいたい1時間くらい登らないとダメみたい。
キチンと、水分を持っていて、準備が出来ていたらチャレンジしてたけど、さすがにこの状況ではその気が起きなかった。
そこから、朝食兼昼食のお蕎麦。
きちんとコシがあって、甘みがありおいしいお蕎麦でした。
これは来た価値があった。
けど、ずんだ餅は個人的に甘すぎたなあ。
フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト


で、この間にもお土産のことを考えていた。
で、出した答えは、「仙台に行きゃ何とかなるだろ」

でも、その前に、ここにも行っとけと言われていた蔵王へ。
車で山頂まで行けるのかと思っていたけど、ロープウェイで行くんだね。
ロープウェイの中でキャンパーがこんな感じの会話をしていた。
「栃木のほうまで行けば、いい(行きたいような)キャンプ場があるんだけど、栃木まで行くと、怖いから。」
私としては、東京に行くのがちょっと怖いと思っていたが、そっか、こっちでは関東圏に行くことが怖いんだな。
山頂へ行くと風が心地よかった。
昼には結構気温が上がっていたからね。
景色もよかったです。
けど、なんで、葉が無い気がこんなにあるんだろう?
フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

ここからお土産を買うためだけに仙台へ移動。
このお土産が無かったら、もうちょっと山形をぶらついたかもしれなかった。
途中の山道は運転していて楽しかった。

仙台駅で牡蠣と牡蠣みそなるものを購入。
ほんと、山形に行くといったのにまったく関係ないものを買ったものだ。
仙台城にちょっと寄っていこうと思ったけど、夕方の結構な時間だったので、まあいいか。ってなった。

今回は帰路が大変だった。
仙台から福島までの道って、運転していてつまんないんだよなあ。とは思っていたけど、雨が。
この雨と対向車のライトの照り返しで道路のラインがほとんど見えなかった。
4号は流れも速いし、久々のこの状態での運転なので気が張って疲れたよー。
途中、左折専用レーンに乗ってしまうこともあったしねえ。

今回の旅で改めて思ったのは、どこかに行くことが好きなのではなく、知らない道で運転すること、知らない町を歩くことが好きなんだな。と、いうこと。
それが刺激になって、ワクワクしているんだね。

また、どこかへ行きたいです。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する