mixiユーザー(id:8269199)

2020年08月01日16:59

4 view

何年たっても好きな曲 vol.81〜85

vol.81 OZZY OSBOURNE 「mr.Crowley」

BLACK SABBATH脱退後のOZZYの功績の1つに、若いギター・ヒーローの発掘がある。
RANDY RHOADS
GEORGE LYNCH
BLAD GILLIS
JAKE E LEE
ZAKK WYLDE・・・

OZZYバンドギタリストのその後の活躍を考えると、
OZZY本人の相馬眼は凄すぎる。

映像はZAKK在籍時だが、RANDYが残したメロディやリフワーク、
25歳での早逝が惜しまれる。

RANDY RHOADSが希代のメロディメイカーである主張は、私、絶対に曲げないよ。





vol.82 人間椅子 「無情のスキャット」

キャリアたっぷりの人間椅子のつい最近の曲ではあるが、グルーヴ感が心地よい。
それも、めちゃくちゃ心地よい!

こんな格好してるから、聴かず嫌いの方が多いのは承知しているが、
音楽的にはかなりしっかりしてます。

Ba鈴木研一は白塗り法衣姿だけど、こう見えて上智大学卒業生。
外国語学部ロシア語学科で、私の1個下の学年です。
間違いなく、在学中は学内で浮いた様相だったはず・・・私同様。

一度でいいから、一緒に呑みたいわぁ。





vol.83 UNICORN 「maybe blue」

デビュー直後、まだアベビー加入前で、女性メンバー向井さんがいた頃の佳曲。
スバらしい曲だと思うんだよなぁ。

パンキッシュでもあり、歌謡曲っぽさもあり、ロックもあって、
日本人が好むメロディラインがたくさんある。

カラオケでも、よーく歌わせていただきました。





vol.84 SIXX:A.M.「skin」

ラストツアーで「今後メンバーはMOTLEY CRUE名義で活動を行わない」という
「ツアー活動終了合意書」を作成して活動を止めたMOTLEY CRUE。

それを「そんなん知るか!」と合意書を爆破(!)して活動再開したMOTLEY CRUE。

Bad boys rock'n rollを体現した彼らだが、
バラードやスローチューンにも絶品が多々ある。

だからこそ、メインのライターであるNIKKI SIXXの関わる、
BRIDES OF DESTRUCTIONにもSIXX:A.M.にも同様のことが言える。

こちらもそんな1曲。





vol.85 BOØWY「moral」

とにもかくにもスリリングなバンド。
ただカッコいいだけではなくて、楽曲のオリジナリティもスバらしいもんなぁ。
エッジの効いたのもあれば、BEATLESナンバーみたいなのもあるし。

この曲は、当時、個人的にピターッときてたもの。

間違いなく、ヤなヤツだった頃ww


0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年08月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031