mixiユーザー(id:8269199)

2020年07月20日14:06

4 view

何年たっても好きな曲 vol.71〜75

vol.71 FIRE INC.(movie-Streets Of Fire)
「tonight is what it means to be young」

先週reflexでこの曲を久しぶりに聴いて思い出した。
「あぁ、この映画、大好きだった!」

80年代に音楽の印象が残る映画として「Flashdance」やこの「Streets of fire」がある。

ややしつこいくらいにオペラチックに大仰な展開が、実にカッコよかったこの曲。
国内でも多々カバーされたくらいだから、間違いなく佳曲。(映像で改めて見てもカッコいい)

実際に歌ってはいないが、この曲を歌うDIANE LANEが、めちゃくちゃイケてたし(〃▽〃)
「ウエストサイドストーリー」同様、街の抗争、暴力が背景になった作品なのに、
登場人物が誰も死なない作品だそう。
それ、もう一回観るまで、信じんぞww





vol.72 VOW WOW「doncha wanna cum(hangar 15)」

国内のHR/HMバンドを嫌う方々がいる。
正直な感想を言うと、食わず嫌いの方々の主張だと思っている。
実際に話してみると「嫌い」というよりも「知らない」が多いし。

そんな食わず嫌いの方々にこそオススメしたいのが、VOW WOWだったりOUTRAGE。
この辺、まさにborderless。

この曲も、とにかくカッコいい!

VOW WOWのVo.人見元基、脱退後は高校の英語教師に転身。
千葉県の高校文化祭や卒業式等々で歌う彼の映像がたまにupされていた。
いいよね、あんなに歌える先生がいて。
ガチのプロシンガーの歌声だもんww





vol.73 STONE SOUR 「gone sovereign」

SLIPKNOTやったり、STONE SOURやったり、何かと活動したがるCOREY TAYLOR(Vo)。
彼のボーカルスタイルの幅は、とてつもなく広い。

こんなheavyなのはもちろんだが、彼の歌うパラードも実に良い。
「zzyzx rd.」とか大好きなナンバー。

コロナのおかげでLiveは延期になったが、
早く彼の「ナカユビタテローーーッ」MCを聴きたい今日この頃ww





vol.74 井上芳雄「僕こそ音楽」

ミュージカル「モーツァルト!」の序盤、最終盤と2回歌われる「僕こそ音楽(ミュージック)」。
絶望の終盤(リプライズ)も、エンディング直前の緊張感でスバらしいけど、
好きなのは、希望に満ちた序盤曲。

中川晃教ヴォルフガングもいいけど、芳雄ヴォルフガングはズバ抜けていい!
今作を観て、プリンスロード常連になった方も多い。
☆山崎育三郎は・・・クセが強すぎて苦手。

年を取ってでもできる役ではないので、
今後のヴォルフガング役にはいろんなアクターがトライしていくが、
芳雄ヴォルフガングを越えるのは至難の業。

だからこそ、そんなアクターの出現を期待もしてるんだよね。





vol.75 MR.BIG「1992」

「daddy,brother,〜」「stay together」等が好きなのはもちろんだが、
このMVを見せられた日にゃ、
そりゃあもうMR.BIGが特別なバンドに思えてくるわけなのよ。

これは、一緒にLiveに行ってた方々は同調してるはず。

Live、前で観とくと、こんな特典が付いてくるんだね。
めっちゃ嬉しいよ。



0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する