ホーム > mixiユーザー(id:8203972) > mixiユーザーの日記一覧 > 制約

mixiユーザー(id:8203972)

2015年04月15日01:49

264 view

制約

長時間プレイしたゲームを新鮮な気持ちで楽しむ方法10選
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=167&from=diary&id=3371621

 や。これ普通の所謂「やり込み」の一言で片付くよね。
 はい手(パー)ファミ通系「やり込みゲーマーズ」採用経験ありです。
※DVD的には、やり込みバカ一代vol.1収録。
http://mixi.jp/view_item.pl?id=2242448
 
 普通にタイムアタックとかも「制約」になりえますよね。
 よく勘違いする人が多いけど・・・ゲーム早解きとかしてあっという間にクリアして楽しいか?的な質問。
 違うんですよね。
 ゲームを早く解くために、何十時間も・・・百時間以上も研究して臨むんです。
 アクションゲームを15分でクリアするために、150時間かけて検証するのがやり込み道。
 まぁ、これ系のタイムアタックは、わたしは挑んだことないけどね。

 対戦格闘ゲームを一つの技だけでクリアとかね。

 プレイしているのはわたしだけど、わたしがアップしたんじゃない動画。

 茶々。

>1.ミニマップなし

 なんとなく完全に自己満足の領域よね。
 やったからどうだということも無い。
 映像で証拠を残しても、自慢できることもない的な。
 ・・・めんどくさい割に、すごさが伝わりにくい制約。

>2.死んだら終わり

 ノーミスクリアという事よね。
 やり込み道では、ノーセーブノーダメージクリアというのが、デフォレベルであります。
 まぁ、わたしには無理な領域だけどね。

>3.武器制限

 バイオのナイフクリアとかが該当しますかね。
 やり込み界では、ノーセーブ・ノーダメージ+ナイフぐらいまでが標準で、更に制約盛りだくさんという敷居の高さで・・・雑誌が潰れてしまったんだけどね。
 もちろん、わたしにはできません。
 最初のドラクエとか、装備がはずせないので、素手竜王撃破とか制約でやる人いましたね。

>4.回復制限

 ノーダメージなら、ノー回復なわけで。


>5.レベルアップなし

 低レベルクリアも、よくやり込まれたジャンルではありましたね。
 レベルを上げ無いコツや、低レベルでもなんとかする工夫が、テクニックよりも重要だったりします。
 もちろん、わたしには無理です。

>6.セーブデータは一つだけ

 まぁ、普通はそうじゃね?
 所謂「やり込み」とは外れるけど、逆に、セーブを山ほどして、考えられるすべての可能性を試みる方が、やり込み甲斐がありそう。
 まめにセーブして、あらゆる組み合わせでの会話パターンを検証したり。
 自作の攻略本が作れる勢いで。
 個人的には、こちら系統のやり込みの方が得意です。

>7.違う言語で

 ・・・日本のアニメ声優の演技が好きではないので、外国語が選べるゲームなら、外国語を選びがちなので…気分を変えるなら…日本語になっちゃうのかな。
 金髪碧眼のカタカナの名前のキャラなら、日本語じゃない言語の方がしっくりくるじゃない。
 まぁ画面の情報量が多くて、字幕読んでいるゆとりがないゲームの場合、日本語にせざる得ないんだけどね。
 まぁやり込みまくって、どこでどんなセリフが出るか、暗唱できるレベルなら、声を変えられるという意味の記事なのかな。

 ロシアに「Gaijin」というゲーム製作会社があって、ここのゲームをロシア語(日本語字幕)で遊びたかったんだけど…ローカライズで日本語しかなくてがっかりした経験もある。
 意外と、海外ゲームでも、外国語が残って無いゲームも多い。

 ・・・対戦格闘ゲームで、キャラごとの言語設定ができないタイプの場合・・・外人が日本語喋っているのに違和感を感じて、英語にしたら・・・イタリア人やフランス人が英語をしゃべっていても気にならないが、日本のサムライまで英語をしゃべってしまって、余計違和感があって日本語に戻したこともあったなぁ。

>8.移動手段を限る

 これも、マップ同様、すごさが伝わりにくい気がするなぁ。
 めんどくさい割に、意味があまりない気も…。
 簡単に言えば、リレミト禁止ルーラ禁止みたいなモノかな。
 移動の時間を節約して、別のやり込みをした方が、建設的だとは思う。

>9.マジでロールプレイする

 日本でRPGと呼ばれるタイプのゲームは、プレロールドで強制的に人生も性格も決められているモノが殆んどだからね。
 ロールプレイの入り込む余地は少ないかな。
 ゴクドーくんみたいに、可能な限り非道な行為に走る・・・と行っても、できないゲームの方が多いしね。
※中村うさぎのゴクドーくんシリーズは、自由度の高いRPGでこんなプレイもできるよという極悪プレイのサンプルが元ネタ。
 
 まぁ重傷の仲間と軽傷のヒロインがいて、ヒロインを優先的に治すぐらいのロールプレイは楽しいと思う。

 ただなぁ、ロールプレイして、胸張って演技した結果、何も失敗していないのにバッドエンドが決定するゲームもあるし・・・そうなると、ゲームを楽しむことはできなくなるわけで、タイトルを選ぶよなぁ。
 TRPG経験者としては、RPGは役割を演じたいんだけどね。

>10.ストリーミングする

>他人に見てもらう。

 見せることはできるけど、見てくれる人がいるとは限らないぜ?

 アップ三週間で3しか回っていない動画さ。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する