ホーム > mixiユーザー(id:8099770) > mixiユーザーの日記一覧 > 筋肉痛は嫌い。

mixiユーザー(id:8099770)

2019年12月28日21:03

7 view

筋肉痛は嫌い。

 ベンチプレスやる時は、腕の長さより少し短めに(低く)ラックの位置を調整しましょう。戻し易いので。視界に入ったから助けたけど、誰も気付かなかったら自分の顔にバーベル落ちてくるのに。スクワットでも爪先立ちしないと戻せない高さにする人居るけど、とても危険です。スタッフも監視しない、教えない、本人も気にしない。私の通ってる金ジムだけが外れなのか、全部の金ジムがやる気無いのか?折角の設備が勿体無いなぁ。

 今日はWLの練習してスクワット。久々なのとフォームが悪い所為か、腰が少し痛くなってきたのでデッドリフトはサボる。ヒップスラストはやった。
 筋トレやると疲労が襲ってくる(日記書いてる今も結構へろへろ)のはしょうがない。必要な経費というかちゃんと負荷を掛け、刺激を与えた結果なので。筋トレやると体が硬くなるというのは一時的には本当です。筋トレに限らず、疲労は体の可動域を狭めるので。最大の可動域で筋トレ(スクワットだったら腿裏とふくらはぎがくっつく迄しゃがむ)し続ければ、筋力と共に柔軟性も手に入ります。使わなければ衰えるし、鍛えれば体が適応しようとする。
 私は痛いのが嫌いなので筋肉痛は避ける様にしています。中には昭和の人みたいに「筋肉痛が無いと駄眼!」って人も居るみたいなので、筋肉痛の起こり易いやり方を。

http://kawamorinaoki.jp/russian-lean/

・慣れない運動をする
・エキセントリック(筋肉が伸ばされながら力を発揮する)
・最大可動域でオールアウト(出来なくなる迄やる)

 です。エキセントリックがイマイチ分からない人は「重力に抵抗しながら引かれる」と覚えていいかも知れません。スクワットや腕立て伏せ等だったらゆっくり下げる。階段だったら昇りはエレベーター、下りる時に両足揃えて跳び下りる。(因みに筋肉が縮みながら力を発揮するのはコンセントリック)
 慣れない運動もやり続ければ体が慣れるので、負荷を上げたり新しい動きを取り入れる必要が有ります。私が好きなデッドリフトだと、挙げた後に片足立ちで下ろす事で、一人で強い負荷を掛ける事が出来ます。

https://www.msn.com/ja-jp/health/exercise/strength/シングルレッグ・バーベル・デッドリフト/ss-BBtT4KX

 動画は挙げる時も片足ですが、エキセントリック特化なら挙げる時は両足の方がより重い重量で下げられます。バランスとりながらゆっくり床迄下ろし、フォームを整えてから又両足で挙げる。小さいシャフト使う場合は台を用意して下ろす高さを調節したいですね。

 ノーペインノーゲインを信じて疑わない人はどうぞ。私は痛いの嫌いなのでやらないです。明日は胸やろうかな?

http://kawamorinaoki.jp/soreness-not-training-effect/
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する