mixiユーザー(id:7889942)

2021年02月21日19:26

7 view

時事通信社

Takashi Marui
1時間 ·
戦時中、国策通信社であった同盟通信社と言う会社があった。
分割されたその片割れである時事通信社に、境はバブルの1985年に入社し、経済部長などを経て2017年6月に編集局長、18年6月に取締役を経て、去年6月に社長に就任した。
 (この時期にこの突然の昇進の裏はなんでしょうねぇ)
時事通信社内では「公式の場になると急に極端な意見を出して周囲を困らせることが多い」との評判がある。 そして、⾃分の改⾰に逆らう「守旧勢⼒」には容赦しない。
時事通信は2020年3月期まで21期連続で営業損失を続けており、主要株主となっている電通の保有株を切り崩している苦境。電通自体も家計はオリンピックが廻らず火の車である。 そしてそのコロナ禍にもかかわらず、10月2日に社員10人以上とカラオケに行ったとして、時事通信の境克彦社長が11月分の社長報酬一部返還の社内処分が下された。
こんな状況の時事通信社がお抱えの中央調査社と世論調査をした。
中央調査社は、1954年(昭和29年)に時事通信社調査室と(旧)国立世論調査所を母体に、(旧)総理府が主務官庁の社団法人として発足、2012年(平成24年)2月に一般社団法人へ移行したところだ。
そこでの調査方法は「調査は全国の18歳以上の男女2000人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は61.9%。 」明記されている。
もう、どんな圧迫面接があり、接種したくない回答をした人は、どの様な扱い・回答をして排除されたか想像に難くない。
これらの背景を元に以下の記事を読むと、なんとなく笑えてくるのは儂だけだろうか?
***
コロナワクチン打つ、7割 東京五輪反対は過半数
 時事世論調査 2/20(土) 15:42配信
 新型コロナウイルスのワクチン接種を希望する人は7割に上ることが時事通信の2月の世論調査で分かった。
 一方で副反応について不安に思う人も7割以上。絶対安全と言い切れなくても、接種した方がいいと考えている人が多いようだ。
 「接種を希望する」は70.1%、「希望しない」17.5%、「分からない」12.4%。「希望する」は男女別で男性(73.4%)が女性(66.3%)を上回った。年齢別では60代(80.0%)と70歳以上(76.4%)が多く、最も少ないのは18〜29歳(60.8%)。
 副反応について「不安」との回答は75.5%、「不安はない」が23.2%。「不安」は女性に多く81.5%、男性は70.4%だった。年齢別では18〜29歳(80.8%)、40代(80.4%)が多い。
 東京五輪・パラリンピック開催の是非を問うと、反対(58.4%)が過半数を占め、賛成は28.5%。反対理由(複数回答)は「新型コロナが収まりそうにない」(67.9%)、「感染対策を講じても完全には防げない」(67.0%)などが多く、賛成理由(同)は「選手のため」(63.4%)などだった。
 調査は全国の18歳以上の男女2000人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は61.9%。
Based from: コロナワクチン打つ、7割 東京五輪反対は過半数 時事世論調査(時事通信) - https://news.yahoo.co.jp/articles/56868d57c3e0abcc203d47b24e912b909e416fef?fbclid=IwAR1wn5tiKdSxeBC1SA1GOPbMmEDN4cIp2EDncf_81y0OCGktHb1j_4FDDW4

時事通信社 - Wikipedia - https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%99%82%E4%BA%8B%E9%80%9A%E4%BF%A1%E7%A4%BE?fbclid=IwAR00Cm5Ss3xFv0EKWWwex9CRr6_tqOfdJl1A005k-rUvt3gbCB_KC3Ko5BU
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する