mixiユーザー(id:7889942)

2020年07月27日09:34

6 view

携帯電話基地局、周辺住民の「がん死亡率」高く…5G、一部欧州で中止、人体へ影響懸念

国策としての無線通信網整備の影で
 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が続いていた5月27日、スーパーシティ法(改正国家戦略特区法)と呼ばれる法律が国会で成立した。5G(第5世代移動通信システム)の導入と連動して、日本の未来型都市の構築を進めるための法律である。国家戦略特区を設け、そこで人工知能(AI)や5Gなどを駆使した自動運転、医療、防犯などの「実験」を行うための法的な布石にほかならない。

 このプロジェクトの有識者懇談会の座長には、小泉政権の時代に急進的な規制緩和策を押し進めた竹中平蔵・東洋大学教授が就任している。あまり報道されていないが、未来型都市の構築はいわば政府肝いりの計画なのである。

  こうした状況下で、通信基地局の設置をめぐるトラブルが増えている。3月31日付日本経済新聞によると、千葉市は「楽天モバイルと共同で学校敷地内に基地局を設置」することで合意しているという。「導入するのはまず市内の5小学校」で、7月から基地局設置の工事に取り掛かる。埼玉県野田市では楽天が住居から2メートルの位置に基地局を設置しようとして、住民から抗議を受け計画中止に追い込まれた。

ニュースサイトで読む: https://biz-journal.jp/2020/07/post_168531.html?fbclid=IwAR0q-qOdITJgyK5RQljzBhJrfIDBCWDYVi0wqemAaItJWM7b56E-VYH6W3M
Copyright コピーライト Business Journal All Rights Reserved.
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年07月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031