mixiユーザー(id:7889942)

2019年12月14日16:31

72 view

安倍政権の約7年間

神前内科クリニック
1時間 ·
「安倍政権の約7年間で、日本社会は根底から腐り切った。政治家はもとより、官僚も地方公務員もサラリーマンも教職員も、殺人犯も新聞記者も、誰も彼もが嘘に嘘を塗り固め、悪事が露呈してもシラを切り通そうとするのが当たり前の世の中にされた。上から下まで安倍氏の相似形ではないか」(ジャーナリスト・斎藤貴男氏『サンデー毎日2019年12月22日号』「私が安倍首相を刑事告発した理由」より)

「税金私物化を許さない市民の会」が、さる11月20日、国の公式行事「桜を見る会」に関わる一連の行動が「公職選挙法」および「政治資金規正法」に違反している疑いがあるとして、安倍晋三首相を、東京地検特捜部に刑事告発しました。

三権分立を平気で無視し、行政独裁を続ける安倍首相は、自分や仲間が何をしようと絶対に裁かれないと高をくくっているようですが、もういい加減に鉄槌を下されねばなりません。

そのためには、国民ひとり一人が、政治に関心を持ち、政治家を監視し、まともな政治家を選び、腐った政治家を退場させねばなりません。

『サンデー毎日2019年12月22日号』が「税金私物化を許さない市民の会」共同代表のジャーナリスト・斎藤貴男氏の「私が安倍首相を刑事告発した理由」という檄文を掲載していますので、一部抜粋して御紹介します。

■以下、斉藤貴男氏の檄文の抜粋です。

もう嫌だ。いいかげんにしろ。日本の社会を、人間を、これ以上卑しく、浅ましくさせるのは止めてくれ。

格差をさらに押し広げ、人間には生まれながらに身分の差があるがごとき社会通念さえ定着させたのが安倍政権だ。

出世と蓄財が命の人々は、争うように政権に近づき、へつらい、取り入るようになっていった。

政権との近さを誇る人々、近くなくても彼らに同調したほうが“おトク”だと計算したがる人々は、そうでない者を見下し、せせら笑い、罵倒するのが日常の行動原理になった。

この国の統治機構は、もはや治外法権の様相を呈している。国民は騙して、操ってナンボ。都合の悪いことは何もかも「なかったことにする」のが安倍政権である。

私たちはいったい何か。犬か。家畜か。虫けらか。政権と大企業の金ヅルか。

安倍政権の約7年間で、日本社会は根底から腐り切った。政治家はもとより、官僚も地方公務員もサラリーマンも教職員も、殺人犯も新聞記者も、誰も彼もが嘘に嘘を塗り固め、悪事が露呈してもシラを切り通そうとするのが当たり前の世の中にされた。上から下まで安倍氏の相似形ではないか。

「桜を見る会」の光景は、荒野と化した日本国が凝縮された姿なのである。この国にはまだ美しい花が残っているが、そこに人々を招く者の、また招かれて集い、権力へのお近づき記念写真の撮影に興じた人々の、なんと醜いことか。

新宿御苑で提供された飲食物の一切は、第2次安倍政権による開催となった13年以降、7年連続で昭恵夫人の“お友だち”の夫が役員の外食業者「ジェーシー・コムサ」(本社・東京都渋谷区)が一括受注してきた。総額で軽く1億円を超えている。私たちが昼夜も忘れて働きづめに働き、ようやく得た血と汗の結晶からむしり取った税金を、あの人たちは何だと思っているのか。

今、この時点で何よりも大切なのは、安倍氏を許せない人々が、それぞれのできる方法で、明確な意思表示をすることだ。

許せない相手に支配され続けることは、倫理を破壊する「罪」である。

一連の無惨すぎる光景は、権力にへつらう者に全能感を、近くない者には絶望をもたらした安倍政権と、それと異様に相性がいいネット社会により堕落させられた日本社会の縮図である。

私たちは生身の体に蛆虫を湧かせたくないだけだ。今度こそみんなで状況に真剣に向き合い、「醜悪な日本」を克服していこう。

(以上、斉藤貴男氏の檄文の抜粋おわり)

「沢尻エリカさんが薬物に手を染めていたことを弁護するつもりは無い。ただ、現行犯でもなく、尿検査も陰性で、家宅捜索で0.09gのMDMA、元彼が所持で逮捕という理由で逮捕される事例は今までにあったのだろうか。タイミングを図って逮捕したとしか思えない。桜を見る会の不祥事は深刻である証拠である」(鳩山由紀夫元首相2019-12-11ツイッター)

『ストップ・ザ・安倍!』『ストップ・ザ・極右!』です。
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年12月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031