mixiユーザー(id:7889942)

2019年03月28日07:37

60 view

高濃度日の翌日は死亡率3%増「PM2.5」の誤解と真実

 どんなに健康に注意しても、汚れた空気の中で生活すれば体を壊すのは当然だ。日本ではそのリスクが高まるのが3〜5月だといわれる。大陸の砂漠地帯で舞い上がった黄砂などのPM2.5が偏西風に乗り、日本に飛来するからだ。特にここ数年、お隣の韓国では異常発生しており、その影響が気になる人もいるはず。大気化学が専門で、中国国内の大気汚染物質の航空機観測を世界で初めて手掛けた埼玉県環境科学国際センターの畠山史郎総長に話を聞いた。

「PM2.5とは大気中に浮遊する、直径2.5μm(1μmは1个裡隠娃娃以の1のこと)以下の粒子状物質(PM)を指します。吸い込むと鼻毛などでブロックされる花粉などと違い、肺の奥まで入り込み肺胞に達します。そのため、気管支炎や気管支喘息、肺炎など、さまざまな呼吸器系障害を起こします」

 PM2.5の一部はインフルエンザウイルスと同じ大きさの超微小粒子にばらけたり、血液に溶けたりして、全身の細胞内で活性酸素やサイトカインを発生させるなど、多くの悪影響を与える。

続きは↓

https://hc.nikkan-gendai.com/articles/250593?fbclid=IwAR0RbU8vIkUNy-ijFQZ2epa-1YEjMpzeftfNNwDQ6xMkwEygwsVJPFpLljk&page=1
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年03月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31