mixiユーザー(id:7889942)

2018年04月18日09:24

99 view

毒ガスではなかった

Nishikawa Kohkiさんがグループ「穏健&中道派議論の部屋「青の党」」でリンクをシェアしました。
10時間前 ·
【毒ガスではなかった】英インディペンデント誌による現地のレポート。
シリア、ドゥーマの被災地の地下の医療施設で負傷者・避難者の手当てにあたるラハイバニ医師によれば、世界中に配信された「毒ガスの吸引に苦しむ人々や子供達」のビデオは、ビデオ自体としては本物だけれども、苦しむ人々の症状の原因は化学兵器によるものではなく、避難場所である地下空間に充満した、通常爆弾の炸裂による煤煙や塵を吸い込んだことによる低酸素症であるとのこと。呼吸不全に苦しむ人々に対して、入り口近くにいた「ホワイトヘルメット」(米国初め、西側諸国から巨額の資金援助を受けるNGO「緊急防衛隊」。反政府軍の支配地域でのみ活躍。昨年度は、人道ボランティアの活動として、そのドキュメンタリーがアカデミー賞を受賞) の一人が「毒ガスだ!」と叫んだことでパニックが起こり、混乱して皆が互いに水をかけ合い始めたとのこと。
国連の化学兵器禁止機関 OPCW がダマスカスに入り、ドゥーマでの調査開始をしようとしたその日に三か国による空爆が始められ、現在も、調査の足止めにあっている。このことが、日本のニュースでは、シリア政府が許可を出さないために調査を開始出来ないでいると報じられているけれども、OPCWは、安全確認のための国連の許可を待っている状態であることも、この記事の中で指摘されている。
―――――――――――
It was a short walk to Dr Rahaibani. From the door of his subterranean clinic – “Point 200”, it is called, in the weird geology of this partly-underground city – is a corridor leading downhill where he showed me his lowly hospital and the few beds where a small girl was crying as nurses treated a cut above her eye.

“I was with my family in the basement of my home three hundred metres from here on the night but all the doctors know what happened. There was a lot of shelling [by government forces] and aircraft were always over Douma at night – but on this night, there was wind and huge dust clouds began to come into the basements and cellars where people lived. People began to arrive here suffering from hypoxia, oxygen loss. Then someone at the door, a “White Helmet”, shouted “Gas!”, and a panic began. People started throwing water over each other. Yes, the video was filmed here, it is genuine, but what you see are people suffering from hypoxia – not gas poisoning.”

https://www.independent.co.uk/voices/syria-chemical-attack-gas-douma-robert-fisk-ghouta-damascus-a8307726.html
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2018年04月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930