mixiユーザー(id:7889942)

2018年04月14日05:41

170 view

史上最悪の低脳な総理になぜ日本は妄執するのか

北川 高嗣
5分前 ·
「史上最悪の低脳な総理になぜ日本は妄執するのか」についての精査。

これは一時期徹底追及したものの中からの一節である。

彼らは、彼らなりに無矛盾である。



テロリズムと怨念ナショナリズムの結節点。
「過去」に対する、盲目的妄執が、未来をも台無しにする。
ファシズム、なんてーいう、常軌の範疇にあるものではない。
そういう乾いた分かりやすさはなく、じっとりとした、
怨念じみた気味の悪さを感じるのはなぜだろう。
時には、強力なリーダーシップが、怠惰な大衆よりも良いことがあるかもしれない、が、しかし、アベシは・・・

もちろん平和憲法は気に入らない。
集団的自衛権には大賛成。
軍事主義は大好き。
原爆もほしい。
何も理解していないくせに、秘密保護法には賛成。
たとえどうなろうとも、原発再稼働には賛成。
オリンピックは大歓迎。
日本は侵略戦争なんかしていないという。
日本は悪くないという。
あれは自衛戦争だという。
東京裁判も認めない。
南京虐殺も従軍慰安婦もなかったことにする。
               .
中国や韓国は大嫌い。
憎悪し蔑視する。
アメリカから警告されても、
国際社会から批判されても、
べつに悪いとはおもっていない。

・何となら、比肩しうるのか

こういう感じはね、アメリカのネオコンによくにている。ネオコンだって、さまざまな利益をえます。軍事産業や製薬企業やイスラエルのロビー団体から。
でもそれは大切じゃない。ネオコンにははアメリカの世界覇権を永久に維持するという妄想がある。そのためなら、【米兵が何千人死のうが、イラクやアフガンの住民が何十万人死のうが関係ない】。

・これって何?ハッキリ言ってよ。

▽ 凡庸さの正体
               .
なにがこの人びとをこうさせるのか。残念ながら、ファシズムではない。それならまだよかった。
               .
その正体は【過激化した排他的ナショナリズムと、それが産み落とした「われわれ対やつら」という絶対的対立を前提とする精神性】である。
               .
同じものを求めるなら「われわれ」の仲間になる。与党だろうが保守だろうが右派だろうが、たとえ天皇だろうが、自分たちに反対するなら、だれでも「やつら」であり、妥協の余地などない、【話をする必要さえない】、絶対的な敵となる。
               .
思想や理念のかけらさえない人びとが信じるものは何か。
権力だ。見回しても、とりあえず、国家権力ほど強大なものはないようだから、これに同調する。

               .
・何がしたいのか。
「               .
知性や教養を否定して、近代の啓蒙思想が提唱し、【大戦後の国際社会が拠り所とする普遍的なあらゆる価値を破壊】してしまいたい。
               .
自由も民主主義も平和主義も人権も平等も博愛もすべて否定し破壊する。
               .
人の世には、ファシズムよりも怖ろしいものがある。

・元に戻って、観察してみれば。統一教会、ネオコン、ネオナチ、在特会、
歴史修正的怨念の集大成か、不気味のオンパレードだ。
特色は、「凡庸」、とにかく、見事に、未来を感じさせない。
その正体とは・・

排他的ナショナリズムを代表する安倍内閣は首相も閣僚もみんなよくにている。安倍晋三と気が合う友だちも、政治家だって学者だって経済人だって文化人だって、みんなそっくりだ。
               .
在特会や日本版ネオナチとも昵懇なんだそうだ。いや違うと否定されても、仲がいいのはわかる。だって、よくにているから。
               .  .
この仲間たちは驚くほど意見があう。
               .
日本は侵略戦争なんかしていないという。日本は悪くないという。あれは自衛戦争だという。東京裁判も認めない。南京虐殺も従軍慰安婦もなかったことにする。
               .
もちろん平和憲法は気に入らない。集団的自衛権には大賛成。軍事主義は大好き。原爆もほしい。何も理解していないくせに、秘密保護法には賛成。たとえどうなろうとも、原発再稼働には賛成。オリンピックは大歓迎。
               .
中国や韓国は大嫌い。憎悪し蔑視する。アメリカから警告されても、国際社会から批判されても、べつに悪いとはおもっていない。
               .
批判されれば、端から議論などしない。ただ罵倒して攻撃して沈黙させる。日本国と日本人の名誉を守るために奮迅して、かえって名誉を著しく傷つけてしまっても、平然としている。
               .
また、人物がどれもこれも凡庸である。極端に低能なのもいる。学者もいるし、評論家もいるし、偏差値が高かったエリート官僚もいるが、精神が凡庸であることにかわりはない。
               .
そして、思想らしきものが見当たらない。なにか主張すると、甚だしく時代錯誤のアナクロだ。国際社会のことは知らないし、知ろうともしない。

Source: 「怨霊ナショナリズム論 ”ファシズムより怖ろしいもの”」
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10204288085856012

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2018年04月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

最近の日記