mixiユーザー(id:7886422)

日記一覧

パリ在住のマイミクさんが、今年1~2月にミャンマーを旅された日記を拝読し、私が98年にミャンマーへ行った時のことを思い出しました。当時、私は札幌勤務でしたので、千歳から関空を経由して首都ヤンゴンへ飛びました。GWの連休を利用した2週間程度の滞在で

続きを読む

2020年の救世主は誰?
2020年07月02日14:08

2020年、半分、終わる…。コロナ蟄居をはじめた2月以降、何かをした…、何所かへ行った…、誰かと会った…という記憶がほとんどない空白の日々が続いています。自営の身ですが、現場への外出は最低限とし、打ち合わせはリモートで行っています。東京五輪は来

続きを読む

遙かなる西方
2020年06月30日01:00

私の旅歴の中で後悔していることは、行ける時に行かなかった国がいくつもあることです。それはアフガニスタン、パキスタン、シリアなどの西アジアの国々。今、訪れるのは非常に困難。しかも意中のバーミヤンやパルミラの遺跡などは戦争やテロで破壊されてしま

続きを読む

地鶏専門のお弁当店
2020年06月23日11:05

先週末、福島県いわき市へ一泊の出張でした。夕方、街中をフラフラ歩いていたら、「こんなお店、あったかな?」という可愛らしいお店を発見。しかし「ジューシー・トリコ」という超あやしげな店名。私の天敵マイミク・とり子先輩の顔がチラつきますw。おもし

続きを読む

6月というのに、今日はカラッと晴れて気持ちがよい一日でした。湿度が低く、なんとも言えない爽快感。コロナ禍を忘れさせてくれます。私が住む日立市は海洋性気候で穏やかな土地ですが、今日は南仏を思わせる空気感でした。下の画像は2002年秋に南仏へ行った

続きを読む

最近、私がお気に入りのクラシック音楽のFM番組は、土曜21時「クラシックの迷宮」と日曜19時20分の「ブラボー!オーケストラ」です。その理由は解説者の話がおもしろいから。両者の共通点は、前者では音楽評論家の片山杜秀氏がピアニカを弾きながら、後者でも

続きを読む

コロナ禍で、あらかじめ購入していた音楽会やオペラ公演のほとんどが中止になっていましました。唯一、延期になっていたのが3月の藤田真央ピアノ・リサイタル(@佐川文庫)です。彼は私が嘱望している若手ピアニストのひとり。私が彼のピアノ・リサイタルを

続きを読む

時節がら、マティスといえば、トランプ米大統領の市民の暴動への対応を批判したジェームズ・マティス前国防長官なのかもしれませんが、私にとってはフランスのフォーヴィスムの画家アンリ・マティスです。ニュースで久々にマティス前国防長官の名を聞き、書き

続きを読む

私の音楽的主食は3B2S1M、音楽的スパイスはBMWです。3B=バッハ、ベートーヴェン、ブラームス2S=シューベルト、シューマン1M=モーツァルトBMW=ブルックナー、マーラー、ワーグナーこの9人は私のささやかな音楽経験における重要人物です。そして本日

続きを読む

さきほどまで、ポケットラジオを聴きながらウォーキングしていました。わが家から2キロ離れた地点で、ちょうと19時半からはじまるFMのクラシック番組が始まろうとしていました。今夜のプログラムは2年前に紀尾井ホールで催されたモイツァ・エルトマンのソプ

続きを読む

2年前に放送された朝ドラ「ひよっこ」が夕方、再放送されています。このドラマは私が住む茨城県北部と東京を舞台にしたものです。私はテレビではなく、夜、NHKプラスというネット配信で見てます。昨日6/2に再放送された「ひよっこ」(#117)では、個人的に関

続きを読む

緊急事態宣言が解除されても、基本的に私はコロナ蟄居を継続中です。自宅が仕事場でもあり、業務上の外出も最小限になるようにしています。外出するのは、スーパーへ買出し、母の通院の付き添い、夕方のウォーキング。出先の食事はコンビニ飯かパン屋などの店

続きを読む

今日、ある中古CDが届きました。それは30年前に買い忘れた『ベルガンサ、イタリア・バロックを歌う』という、初期バロックのヴェネツィア世俗歌曲集です。私が大好きなメゾソプラノ歌手テレサ・ベルガンサが歌っています。こんなマニアックなCD、買う人はいな

続きを読む

コロナ給付金
2020年05月28日11:41

月末は金銭のやり取りをチェックする必要があるのですが、銀行まで行くのが面倒なので、いつもインターネットバンキングで確認しています。あっ!と思ったのはコロナ給付金の振り込みも確認できました。私が住む日立市の申請から給付までの経緯は以下の通り。

続きを読む

今朝、FB友のYさんの日記で、私が長年、持ち続けていた謎が解けてスッキリしました。(Yさんはかつて水戸芸術館音楽部門で学芸員をされていた方です。)私が小学生だった頃、土曜の夜8時と言えば『8時だよ!全員集合』を見ることがお決まりでした。その中に

続きを読む

今回で、とりあえずクラシック音楽のCD美女ジャケット・シリーズの区切りとします。コロナ自粛中にあって、自分がこれまで収集したCDを見直すイイきっかけとなりました。器楽奏者部門と声楽家部門で、私がもっとも好きな美女ジャケは上の2点です。ヴィクトリ

続きを読む

コロナ禍の外食
2020年05月26日12:32

コロナ禍にあって不要不急の外出を控えているので、基本的には外食もしないようにしています。しかしながら、先日、宿泊を伴う出張がありました。食い道楽の私、本来ならその土地の美味しいレストラン等を食べ歩くことが楽しみですが、今回ばかりは控えました

続きを読む

基本的に私はシンプルな意匠や構成が好きです。それは美術に限らず、音楽もそうです。CDジャケットもワントーンのシックなデザインが好きです。古い録音のCDは白黒写真が使われていることは自然ですが、最近でもワントーンのジャケットからは音楽家やデザイナ

続きを読む

昨日の器楽奏者編に続き、今日は歌手編。誰が言ったか忘れましたが、「人間は三種類ある。男と女とオペラ歌手だ。」という迷言があります。未だに、その意味がよく分かりせんが、オペラ歌手って特殊な人種なのでしょうか?私が所有しているCDの美女ジャケで選

続きを読む

先日、クラシックCD美女ジャケットさがしの余興で、「意外に多いクリムト画」のCDジャケットの日記を記しました。https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1975747827&owner_id=7886422フェイスブックでも同等の内容を記したら、“こんなジャケットもあるよぉ~”と

続きを読む

昨日は美女ジャケというより、私が偏愛する歌手のことを書きました。予定では今回を含め、あと3回続けます。器楽と声楽でそれぞれトップ5の美女ジャケを決めましたが、器楽・声楽の私的ナンバーワンは最後に発表します。左上から、マルタ・アルゲリッチが弾

続きを読む

私がこれまで買い揃えてきたクラシック音楽のCDの数をみると、多い順に交響曲、ピアノ曲、声楽曲、室内楽曲、協奏曲、管弦楽曲、オペラという感じです。不人気なクラシック音楽の中でも、最も不人気と思われる声楽曲の比重が多いのが特徴かもしれません。ドイ

続きを読む

私のクラシック音楽のCDのほとんどが外国人の演奏家です。日本人音楽家で複数枚所有しているのは、ピアニストの内田光子21枚、声楽家の白井光子10枚、鮫島有美子9枚、小澤征爾5枚が代表的な方々。美女ジャケットを選定する時、トップ2の「二人の光子さん」を

続きを読む

昨年、亡くなったジェシー・ノーマンのCDは10枚程度持っています。彼女は声域が広く、ソプラノ歌手とも言えるし、メゾソプラノ歌手とも言えそう。実演を聴けなかったのが残念です。いつくかCDを並べてみると、ジェシーってなかなかフォトジェニックじゃないか

続きを読む

クラシック好きのマイミクさんから「モデル系」のクラシック音楽のCDジャケというお題をいただいたのですが、私は「そんなもん、あるかい?」と、最初は当惑しました。演奏家以外の女性が映っているジャケットという意味らしいです。捜してみたらありました。

続きを読む

コロナ蟄居中にクラシック音楽好きのマイミクさんの間で、ジャケットが美しいCDコレクションを見せ合うことが流行っています。昨日、“美人音楽家”というお題が挙がったので、私もCDラックを眺めていたら、おもしろいことに気づきました。ウィーン分離派のグ

続きを読む

コロナ禍にあって、各局はアーカイブ的な番組が増えています。5/16夜、BSで「あの試合をもう一度!スポーツ名勝負|2001年Jリーグチャンピオンシップ第2戦 鹿島アントラーズ 対 ジュビロ磐田」が放送されます。この試合は21世紀最初のJリーグ・チャンピオ

続きを読む

数日前、夜7時のニュースの後、TVのチャンネルを回していたら、Eテレで『すイエんサー』なる番組が放送されていました。この番組は女子高生たちの疑問を科学的な考え方で、料理やアートやスポーツが上手くなるように学ぶものらしい。この日は、「お友だちの

続きを読む

FB友のS氏から、「ボール積み」のバトンが回ってきました。これは集中力を高めるトレーニングのひとつです。S氏はアスリートへ競技力を高めるためためのトレーニングを教える仕事をされています。これはテニスボールを積むというシンプルなものです。もし興

続きを読む

さきほど2日ぶりに近所のスーパーへ買い物へ行ってきました。なんと!レジの前には不織布マスクや消毒液が山のように売られていました。品不足の解消の兆しなのか?しかし買っている人はほとんどいません。コロナ禍にあって、3月以降の品不足の騒ぎがウソの

続きを読む