mixiユーザー(id:7850057)

2020年06月07日06:27

16 view

ストラトス…やっちまった

 シャシーとボディを合わせて、あまりのはまらなさに衝撃を受けました。
フォト

 ストラトス、製作日記とかで検索をかけましたが、どこも苦労してみえる様子。やっぱりシャシーとかあたるところを削るのがセオリーなのかもしれません。

 それでも、デザイン上タイトにならざるをえないみたいですけど。

 あれこれ考えましたが、考えるよりも手を動かそう、と(一番失敗するパターンか?)、
フォト

 いっそボディの後半を切り離してしまうことにしました。最初はアートナイフからはじめ、
フォト

 あまりの切れなさにBMCタガネに変えると、わりとサクサク切り進みます。
フォト

 他に道具なかったっけ?ともう少し長くて手になじみやすいケガキ針に変え、
フォト

 ある程度進んだら、エッチングソーも駆使。
 とはいえ、短気を起こして乱雑にするとガタガタになってあとで苦労しそうなので慎重に。まぁ一部、ガタっとはなってますけど(苦笑)。
フォト

 ラインの入り組んでいるところは、慎重に。

 結局、三日ほどかかりましたが(三日といっても三日やりつづけたわけではなく、作業時間的にはせいぜい一日10分くらいだろうけど)、
フォト

 最後は薄くなったところにアートナイフを差し込んで、パキっと。
フォト

 やっちまいました。

 ボディの分割。
フォト

 切断面をみると、1.2ミリくらいはありそう。

 けっこうきれいにできてよかったです。

 開閉するつもりはなく、くみたてるときに、これでシャシーをはさんでやればいいだろう、くらいな感じですね。真鍮線とかで接合するつもりでいますけど。

 切断面をきれいにすれば、まぁなんとかいくんじゃないかな。

 前にデルタ作ったときも思いましたけど、ハセガワの車はボディとシャシーのはめあわせがきついですから。これがうまくいったら、いずれ作るつもりの037とか、赤マルティニもこれでいこうかな。

 切り離すの、たいへんではあるんだけど、作業中、楽しかったのも事実。

 子供の頃、よくガンプラ切り刻んだよなぁ、なんて思いながら無心にケガキ針でラインをなぞっていました。

 子供の頃は、ガタガタになってしまい、百式にしろ、ギャプランにしろ、結局はバラバラで不燃で出すしかなくなりましたけど。あれもまた、今から思うとプラモの楽しみではあったんだろうな。

 ほんとに楽しかったから。

 そして、あのとき完成できずにがっかりした思いが、今も模型趣味に駆り立てているような・・・(遠い目)。

 大人になった今は、一応、完成させるつもりで作業を続けますけど(苦笑)。

 さぁ、手を動かしていきましょう。



2 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月08日 08:06
    お--!
    すごい決断ですね!
    でもこの方法がこれからストラトスを
    作る人たちのメジャ−になるかも!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月08日 21:20
    アイナイさん

     作業自体は、楽しかったです。なんか、手を動かしている感があって無心になれました。問題はここから先ですね。ただの愚行にならないよう、考えながら進めていけたらいいな(笑)。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する