mixiユーザー(id:7845976)

2018年09月11日21:31

102 view

赤松小三郎

日曜日の帰宅が遅くなったので、大河ドラマ「西郷どん」の録画は昨日視聴。何ともあっさりとした大政奉還だった。結局、薩摩にゆかりのある赤松小三郎は全く出てこなかった。中村半次郎が9月3日に暗殺してしまうのだが。薩摩中心のドラマだから、薩摩の醜い部分が描かれないのは仕方ないけどちょっときれい事過ぎるような気がする。個人的には孝明天皇は大久保、西郷、岩倉らの差し金で暗殺されたと信じているから。疱瘡が快方に向かったのに、ヒ素中毒の症状を呈して亡くなっているようなのである。次週は龍馬暗殺が描かれるようだが、これも帰ってきてから録画を視るしかない。新選組!のように薩摩黒幕説を是非とも採用してほしいものだ。その伏線はそれなりにあった。
0 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年09月20日 20:28
    僕は薩長はアンチでもシンパでもなく、単なる海舟&龍馬好きですが、孝明帝が崩御されたのは薩長にとって都合がよすぎるので、昔から毒殺説がありますね。
    毒殺説は別にして、孝明帝があそこまで激しい異人嫌いになった理由が知りたいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年09月21日 20:52
    > mixiユーザー 
    孝明天皇の異人嫌い、単なる個人的趣味なのではないですかね。彼は、倒幕なんてもってのほかと考えていたようですから、彼が生きていたら討幕の密勅なんて間違ってもあり得ないでしょう。勅命を騙っていた長州にも強い怒りを感じていたようですし。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する