ホーム > mixiユーザー(id:7839913) > mixiユーザーの日記一覧 > 朋ちゃん、本音で語れるのは、大人になったということ。いいことだ。

mixiユーザー(id:7839913)

2018年06月28日10:47

44 view

朋ちゃん、本音で語れるのは、大人になったということ。いいことだ。

引退にあきたら、復活するさ。

華原朋美が元恋人の引退撤回願う「歌うのがつらい」
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=8&from=diary&id=5175649

華原朋美が元恋人の引退撤回願う「歌うのがつらい」 14
2018年06月28日 09:20 日刊スポーツ

つぶやきを見る( 9 )日記を読む( 1 )限定公開( 4 )
チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアする
日刊スポーツ
写真97年12月、紅白歌合戦で熱唱する華原朋美(右)と小室
97年12月、紅白歌合戦で熱唱する華原朋美(右)と小室
 歌手の華原朋美(43)が、元恋人で音楽プロデューサーの小室哲哉(55)の引退について初めて言及。「せめて休業でどうかどうかお願いします」と語った。


 華原は、今年1月に小室が引退を表明して以来、この件について沈黙を保ってきたが、小室のこれまでの活動を集約した作品集「TETSUYA KOMURO ARCHIVES」が発売された27日深夜にツイッターで、「さっきまでスタジオにいたんだけど今日はどんな日よりもI’m proudを歌うのが辛かった日になりました。正直でごめんなさい。もう言いません」と心境を明かした。


 続けて「TETSUYA KOMURO ARCHIVES明日買いに行きます 引退じゃなくてせめて休業でどうかどうかお願いします。って余計なお世話ですよね。もう言いません」と、引退撤回を願った。


 華原は95年6月に小室との熱愛が発覚したが、99年5月に破局を明かした。その後、約5年間の活動休止を経て復帰した13年にはフジテレビ系「FNS歌謡祭」で小室と約15年ぶりに共演。15年5月には小室と再びタッグを組み、小室が作曲、華原が作詞を手掛けたシングル「はじまりのうたが聴こえる」をリリースした。

1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する