mixiユーザー(id:7828375)

2020年04月10日15:15

24 view

プリキュアの映画を見たぞ

 Youtubeでプリキュアの映画が公式に無料公開されているので見た。これ自体が新作映画の宣伝になっているため、動画名が「映画プリキュアミラクルリープ……」としか表示されないせいで、どれがどの映画なのかよくわからない……一応サムネイルが映画タイトルになっているのだが、小さくてある程度把握していないとちょっとよくわかんない。そのため、順番に見る事が出来なかった。だが感想は見た順に記すため、実際の公開順と違います。

■映画プリキュアオールスターズDX2 希望の光レインボージュエルを守れ
 昔の全員集合タイプのオールスター。新プリキュアのお披露目とか、先輩プリキュアの頼れる感じとかを出す感じのヤツや。今作の新プリキュアは「ハートキャッチプリキュア」。
 妖精たちが謎の遊園地を開催。レインボージュエルの力が溜まるお祝い? みたいな。そしてそれを狙う悪いやつが現れる。
 オールスターなんでやっぱり話は有って無いようなもん。妖精がとにかくカワイイ。
 過去の映画のキャラがいたりして、「こんなチョイ役のために声優さん呼んだのかよ」とおもってたら、どうやら何かの妖精さんと声優が被ってたようだ。なるほどな。ザ・たっちが声やってたミギリン・ヒダリンは居たけど喋らなかったもんな。前回のDXよりも直近のプリキュアの活躍が多め。
 個人的に良かったのは「プリキュアがやたらとワンパンでボロボロにならない」という所。過去の映画ではやたらと ワンパン→ボロボロ→謎の力で立ち上がる という描写がやけに多かった印象。ボロボロから立ち上がるシーンがないわけではないが。
 プリキュアはよくわからない私であるが、敵幹部の声が知ってる人な事が多く、「わぁ〜豪華な映画見てるわ〜」という気にさせてくれる。懐かしさと共に。難波圭一さんとかもうだいぶ前からナレーションばっかりでしか聴いてない印象。それが悪いとはいわぬが。

■映画フレッシュプリキュア おもちゃの国は秘密がいっぱい!?
 「フレッシュプリキュア」の単体映画。
 本当はこっちが先だったんだが、しょうがない。オープニングからライトの説明をしている時になんか「がはっ」って笑うメガネのおっちゃんが居て、どうやらドーナツ屋さんらしい。そういえばプリキュアって毎回身近に露天商がいるような気がするな……。最初はタコ焼きだったし今もなんかお店やってる人がいたような。
 で、このおっちゃんなんだろうなぁとおもってたら、この人の声が前田健さんだったのね。「フレッシュプリキュア」放送当時、姉に見せられて「この人の声は前田健がやってるんだよ」と言われて、その時は「確かに微妙な感じだなぁ」と思っていたのだが、全然違和感なくそういうキャラとして見る事が出来た。さすがに半年くらい声優やって上手くなった所だったということなのだろうか。
 話としては捨てられたおもちゃが集まるおもちゃの国で人間への復讐が始まる……というかんじ。
 戦闘シーンにフルCGの所があったりして凄かったな。
 捨てられたおもちゃたちの中に、ブリキのロボットが有りすぎなのが気になった。あんなのあの当時でさえそうそう売ってないと思うんだけど……いまだに売ってるんですかね? 大ボスが声のせいかちょっと大物感がないというか強者感が無い。どう考えてもボスから不遇な扱いを受けるザコ幹部か、もしくは何も考えてない戦闘狂系のやつの感じだった。
 おもちゃが「捨てられた恨み」をどのように解消するのかなぁと思ったが、なんかいまいち納得がいかなかった。結局ゴリ押しで動けなくさせて黙らせたような……。解決の糸口になった主人公の所持するウサピョンは、実際押し入れの奥に入れてあったものの、捨てたわけではなかったしなぁ。
 しかし実際最近のおもちゃは電子機器化してるものも多いし、故障したら修理なんて受け付けてくれてるんだろうか。それでも捨てずに遊んでくれってのは……壊れた時点でおもちゃは死んだ事にしてくださいよ。

■映画ハートキャッチプリキュア 花の都でファッションショー…ですか!?
 「ハートキャッチプリキュア」の単体映画。この映画ではいつもあったライトの説明漫才がなかった。ストーリーが割とシリアスだったのでそぐわないと判断したのだろうか。
 話はなんかよく知らん敵とそいつが拾ったよく知らん子供が主軸で、これはプリキュアの映画なのか? というくらいプリキュアが空気だったような。
 「DX2」でも思ったのだが、キュアマリンの子より、キュアブロッサムの子(つぼみ)の方がダメな子じゃないか? なんかキュアマリンが一番ダメなプリキュアとして有名な感じなのは知っている私なのであるが、キュアマリンって子はファッションデザイナーを目指してて洋服を自作出来てしっかりしてる場面しか無かった。逆につぼみは「DX2」では寝坊していたし、こっちの映画では勝手にウロチョロするしすぐ泣くし、あんまり良いトコなかったわ。
 「ハートキャッチプリキュア」では過去に何人もプリキュアがいたことがわかっている世界らしく、歴代プリキュアの話をしている中の映像に、和服のプリキュアがいた。そのうち江戸時代のプリキュアとかあるかなぁ。鬼滅が人気だから大正時代っぽいのでもいいかもな。基本和服だけどすこし西洋も入ってる感じのとか。……「文明開化プリキュア!」とか? 文明開化って英語でなんていうか調べたらシヴィライゼーションっていうんだね。ゲームではやたらと聞く単語だけどそういう意味だったのか。「シヴィライゼーション☆プリキュア」ですか。でも文明開化って明治時代らしいからちょっと違うんですかね。大正っていうともう「大正浪漫」とかしか出てこねぇっすわ。
 お話としては、なんか敵にも事情がある系なかんじがしつつ、解決したのかなんなのかよくわからん感じ。私の嫌いな「事情をちゃんと説明しない」せいでお互いに相手の事がよくわからんまま進む感じであんまり好きじゃないですね。
 OPでスタッフ名を背景に入れるという手の込んだことしてたな。ノンクレジットOPが作れなくしたわけですか。


 プリキュアの制作委員会?みたいなのに木下工務店が入ってるのがなんか気になる。ありがとうございます。
0 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月11日 18:31
    おジャ魔します。
    木下工務店のことですが、実は「プリキュア」とはA液とB液とを混ぜ合わせたシリコンの半乾き状態を指す業界用語で木下工務店が商標登録しているのです。
    どうやらプリキュア5の辺りで木下工務店が気づいたらしく、東映アニメーションも喧嘩するより仲間にしてしまえ!と…(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月12日 17:18
    へぇー! 平和的ですばらしいことですね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する