mixiユーザー(id:7828375)

2020年04月06日10:33

15 view

最近のジャンプ+:ロマンティックキラー

<あらすじ>
 少子化に歯止めをかけるべく、どこかの妖精さんが恋愛に興味ない女子・アンズ(あだ名だったかもしれない)から大好きな物「猫、ゲーム、チョコレート」を取り上げて、「誰かと恋人同士になったら返してやる」という一方的な恋愛強制生活が始まる。妖精の力によってアンズの周りには多様なイケメンが集まってくるのであった……。

 確かこんな感じだったはず。

 この漫画は元々縦読み漫画の賞に応募されたものらしく、そのために連載形式も縦読みだ。縦読みなのが本当に残念。もったいない。縦読みでなければもうちょっと閲覧数が稼げているはずなのに……惜しい。そう思えるくらいには面白い。私は好きである。

 設定と絵からして、ジャンプで連載するには少女漫画過ぎる……というか完全に少女漫画なわけだけど、「花のち晴れ」(花より男子の続編)が連載していたジャンプ+では少女漫画とか少年漫画とか、そういう区分けは意味をなさないのであった。

 あらすじにあるように、いわばこの漫画は「少女漫画によくある設定に人為的な力が働いているという設定を付け加えた」、メタ少女漫画的な漫画なわけである。ここでいう「少女漫画によくある設定」というのは、「地味なモテない女の子の周りにイケメンが集まってきてやたらとモテる」っていう系統のアレだ。

 さて、これだけだと「結局の所、普通の少女漫画なのでは?」ということになりかねないのだが、この漫画の主人公・アンズが実に良いキャラなのだ。

・すれ違い……でも言い出せなくて……
・気まずいまま状況がどんどん悪くなって……

みたいなウジウジ展開が全く無い。強い。なんならもうアンズめっちゃくちゃカッコイイ。男を含めた登場人物の中で一番はっきりカラっとスッキリしてる。これで武力があったらホンマに最強だった。

 絵柄も少女漫画とはいったが、意図的なのか、これで普通に作者の絵なのか、わりと線がはっきりしていて、本当の少女漫画のようなふんわりぼんやりした感じはなく、みやすい。妙な変顔だけちょっとアレかもしれない。照れ隠しなのかな。

 あ、あとそういえばこの漫画フルカラーだったわ。そのせいで単行本がかなり高い。これもネックやね。もったいない。モノクロでいいから普通に横読み連載でよかったわ。集英社が縦読みを推していきたいのはもうわかったけど、じゃあもう

・縦読みフルカラー
・横読みモノクロ

を同時に連載してどっちが閲覧数取れるか調べた方がいいんじゃないのか。内容はもちろん同一よ。どうだね。

どうしても縦読みやりたいんだったら、それは横読みを縦読みに編集しなおして、海外向けにだけやってくれないかね。何も縦読み独特のギミックを入れる必要もあるまい。日本の漫画に自信ないのかよ。日本で縦読みが流行すれば海外向けに編集する手間が省けるっていう考えはわからんでもないが、そういう対応を読者に強いるのは良くないぞ……。

 はぁ〜やっぱりどうしてもね。縦読みへの文句になってしまう。ただ、この漫画に関しては

横読みで描く→縦読みに編集する→掲載

という形にしているらしい(コミックスが横読みだからな)ので、縦読み漫画としてはまだ読みやすい方。完全縦読み漫画にありがちな、「縦にスクロールして2画面以上にまたがるクソ長い絵」とかは無い。

 縦読み漫画なんて……と敬遠するのはもったいない。読もう。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する