mixiユーザー(id:7805763)

2021年05月23日01:12

77 view

本当に怒っている 日曜日の鉄板。

以下、スポニチアネックスより

------------------------------

オリックス 杉本、小田、大城に規定違反で厳重注意 遠征先ホテルに女性3人招き会食 

 オリックスは、新型コロナウイルス感染予防対策などの球団の規定に違反したとして杉本裕太郎外野手(30)、小田裕也外野手(31)、大城滉二内野手(27)の3選手を厳重注意した。関係者によると、3選手は今月10日、遠征先だった都内のホテルに女性3人を招き会食したという。

 チームは11日から東京ドームで日本ハムと2連戦を行っていた。NPBの感染予防ガイドラインには「飲食を伴う懇親会の中止及び外食の自粛」などと明記されている。

 球団は「コロナ禍における不適切な行動について、厳重注意しました。新型コロナウイルス感染症対策について、選手、スタッフ、関係者全員に対して、これまで以上に周知徹底を図っていく所存です」とした。

------------------------------

ナニ考えてるねんぷっくっくな顔

一番大事な時に、東京の遠征先にホテルに女連れ込んで会食って。

羽目を外せる状況か?

阪神、ロッテを笑うてられへんやろ。

大城も太田、紅林が出てきてレギュラーが無い立場。

小田も数少ない外野のポジションを取らなければ成らない立場。

杉本もようやく掴んだ1軍で4番を任されている立場。

何より年齢的にもチームでは中堅以上で更に既婚組違うんか。

若い選手に対しても示しつかんやろ。

これで更にコロナクラスターなんてことになったら、ホンマにシャレならんやろ。

日ハムや広島とか見てるとホンマに大変やいうこと分かってるはずや。

もう何なら1回3人ともファームへ落としてもエエやろ。

文句言われんように試合で結果を出せよっ。

コレは本当に怒っている。

それでも今年は我がオリックスが必ず優勝する。

回顧 土曜日の鉄板(5月22日)
10:00中京01R◎06番ウインブランカ3着(4)
10:15東京01R◎13番ベストシンガー1着(3)
10:25新潟02R◎07番トーセンマルコ3着(3)
10:35中京02R◎09番ラグラスドシエル13着(9)
11:35中京04R◎15番スローンターゲット14着(4)
12:15新潟05R◎10番メイショウエニシアぴかぴか(新しい)10着(1)
12:45新潟06R◎14番ピットフォル4着(4)
13:45新潟08R◎02番アドマイヤレオ15着(7)
14:15新潟09R◎04番ガンケン銀行2着(1)
14:50新潟10R◎03番ブラックラテ4着(4)
15:25新潟11R◎12番マッスルマサムネドル袋9着(8)
15:35中京11R◎14番サクラアリュール魚8着(9)
16:00新潟12R◎01番ノーウィック4着(3)

3着内率 4/13 30.7% 怒られる。

予想 日曜日の鉄板(5月23日)
10:05東京01R◎14番オレデイイノカ銀行
10:20中京02R◎11番アスカノミライ
10:40新潟03R◎11番テイエムユキマイ
11:00東京03R◎08番スマートワン
11:20中京04R◎16番ヴィトーリア
11:30東京04R◎04番ジュエルケイヴ
12:00新潟05R◎11番コスモノアゼット
12:30新潟06R◎14番タイセイコマンドぴかぴか(新しい)
13:00新潟07R◎12番テイエムメロディー
13:20東京07R◎02番リンガスウォリアードル袋
14:05新潟09R◎08番リャスナ
14:15中京09R◎12番カリンカ
--------------------------------------
14:50中京10R◎02番ダッシュダクラウン魚
15:00東京10R◎12番ネリッサ
15:20新潟11R◎13番ケイアイサクソニー
15:30中京11R◎08番シャドウハンター
15:40東京11R◎04番タガノパッション
--------------------------------------

オークス(G1)の本命はタガノパッション。
無敗の桜花賞馬ソダシの距離適性が問われているが、2着馬サトノレイナスが回避で一見盤石の1戦。
評価しているのは新馬戦3着の内容。
後半ラップが遅いスローペースを4角最後方からメンバー最速の上がり33.0を使って3着まで押し上げた内容は秀逸。
案の定、未勝利戦は捲って完勝。
前走スイートピーS(OP)は東京コースでもしっかり末脚を伸ばして快勝でここへ駒を進めた。
父キングカメハメハと血統的にも東京2400mにも不安は全くない。
初重賞挑戦がG1という新鮮さが後押し。

対抗はアカイトリノムスメ。
父ディープインパクトと母アパパネの3冠馬配合。
父ダービー馬と母オークス馬で東京2400m最強血統であることも間違いなく、東京コースでは3戦3勝。
桜花賞(G1)4着も直行組では余力十分。
関東馬で輸送も無い点で今回は非常に有利に働く。

単穴はやはり無敗の桜花賞馬ソダシ。

オークス(G1)
◎04番タガノパッション
〇07番アカイトリノムスメ
▲11番ソダシ
△09番ユーバーレーベン
△15番アールドヴィーヴル
△10番エンスージアズム
△02番スルーセブンシーズ
△03番パープルレディー
△08番ハギノピリナ

以上、鉄板。
2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年05月>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031