mixiユーザー(id:7805763)

2020年06月07日09:57

17 view

練習試合 日曜日の鉄板。

以下、スポニチアネックスより

----------------------------------------------

オリックス・ジョーンズ“珍二塁打” 勘違いキャッチのボールボーイに「サンキュー!アリガトウ!」

◇練習試合 オリックス6―10広島(2020年6月6日 京セラD)

 珍事を呼び込むのも、スーパースターの証しか。オリックスに新加入したジョーンズが6日の広島との練習試合で、“珍二塁打”を含む来日初の複数安打を放った。

 「過去にも経験はあるよ。ボールボーイだったりファンだったりね。彼が20歳以上なら、お礼に焼酎をプレゼントしないと。サンキュー!アリガトウ!」

 ジョークで振り返ったのは6回1死無走者の第3打席。中田の初球143キロを強振し、一塁線ギリギリを破る痛烈な打球は右翼ファウルゾーンへ。すると、ボールボーイがファウルと勘違いしてキャッチ。審判がボールデッドと判断して二塁打となった。

 3回の第2打席では床田から左前打を放ち、オープン戦出場10試合、練習試合と紅白戦を含め実戦21試合目で、やっと来日初マルチ。メジャー通算1939安打のヒットメーカーだけに、西村監督も「上がってきていることは確か。どう上げていけばいいか分かっていると思う」と信頼を寄せた。「(状態は)70〜75%くらい。本番になれば調子も上がってくると思う」とジョーンズ。超大物が「6・19」の日本デビューに照準を合わせた。

---------------------------------------------

プロ野球各チームが6月19日に向けて練習試合を重ねてる。

我がオリックスの試合もネットで見ているが、開幕2週間前だが、試合運びに不安を感じてるのが本音。

それを象徴するのがジョーンズの調子。

記事こそ2塁打で珍プレー扱いだが、その打席を見ていると突っ立ったままで、ただボールに軽く合わせてバットを振ってるだけで、スイングに覇気が全く感じられない。

守備でも、どこかランイング守備しか感じられない緩慢な動きに見えて仕方ない。。。

メジャーの実績を考えても本番にキッチリ合わせてくるのか。。。。

その割にはもう2週間しかない感じ。。。

他の球団の外人がバンバン打ってる姿を見てると、うらやましくも感じる。。。

他の打撃陣も見ていると、去年とそこまで変わった感じもなく、助っ人外人が機能しないと、また打てない状況が待っている感じがする。

投手陣は山岡、山本の2本柱は順調だけれども、その他の投手が打たれ続けてる感じ。。。。

3人目からの先発もコレといって決まってない状況。。。

若手の中継ぎ陣の痛打も目立つ。。。。

チームとして去年からの上積みがどこか感じられないのは何やろか。。。

それでもあと2週間ほどで開幕は決まってる。

今年は特に試合数、試合日程の関係もあって、開幕ダッシュは必須。

残りの練習試合を大事に、しっかり戦って調子を皆あげてほしい。。。

回顧 土曜日の鉄板(6/6)
09:50阪神01R◎13番ワークアンドビート3着(2)
10:25阪神02R◎12番クレアーレド6着(2)
10:55阪神03R◎09番ヒロシゲペッパー5着(4)
11:10東京03R◎02番フィーユレヴーズ4着(2)
11:25阪神04R◎05番ヤマカツパトリシア4着(2)
11:40東京04R◎07番イルミナル銀行9着(1)
14:00東京08R◎07番シトラスクーラー魚5着(6)
14:35東京09R◎13番カナロアガール2着(4)
15:00阪神10R◎10番メイショウテンスイぴかぴか(新しい)3着(1)

3着内率 3/9 33.3% 練習したい。。。

予想 日曜日の鉄板(6/7)
10:25阪神02R◎15番ハートフルオブラブ
11:05東京03R◎03番ラファエル
11:20阪神04R◎05番カヴァート
11:35東京04R◎01番マイネルエルガー
13:10阪神07R◎12番メモリーコバルトドル袋
13:25東京07R◎02番ジョイナイト
14:15阪神09R◎16番ピースマインド
-----------------------------------------
14:25東京09R◎01番ヴァンランディ銀行
14:50阪神10R◎06番スズカフロンティア
15:00東京10R◎10番ハーグリーブスぴかぴか(新しい)
15:30阪神11R◎08番ヴィッテルスバッハ
15:40東京11R◎13番ヴァンドギャルド魚
-----------------------------------------
16:15阪神12R◎10番セカンドエフォート
16:30東京12R◎04番オルクリスト

安田記念(G1)の本命はヴァンドギャルド。
評価しているのは前走マイラーズカップ(G2)の内容。
後半ラップの遅い完全スローペースの中で出遅れて最後方からメンバー中最速の32.7の上がりを繰り出して3着まで押し上げた内容は秀逸。
ダノンスマッシュ、セイウンコウセイと外枠に先行馬が揃ってペースがおのずと上がれば、この馬の決め手が大外から炸裂する。
この時期にディープインパクト産駒にして初古馬G1挑戦の新鮮さも一押し。

対抗はアーモンドアイ。
ヴィクトリアマイル(G1)1600m1.30.6で大楽勝。
ただ相手関係が今回大幅に強化されるだけ、その間に入ってくる馬が今回は多数出現するし、マークもいつも以上になる。
昨年出遅れて後方から行って負けたこのレースだけに、今回は好発先行から押し切りを狙うはず。
負けるとすれば、先行ハイペースで最後に脚が上がった時に注意するくらいか。。。

単穴は香港Cからの完全別路線アドマイヤマーズ。

安田記念(G1)
◎13番ヴァンドギャルド
〇05番アーモンドアイ
▲09番アドマイヤマーズ
△03番ノームコア
△07番ペルシアンナイト
△06番インディチャンプ
△04番クルーガー

以上、鉄板。
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する