mixiユーザー(id:7805763)

2020年05月31日00:05

57 view

一発で無くなる 日曜日の鉄板。

以下、日刊スポーツより

------------------------------------

大井の誘導馬セイントメモリー公道に逃走し車と衝突

 大井競馬場(東京・品川区)の誘導馬が25日午前11時ごろ、高さ1・6メートルの厩舎2号門を跳び越えて公道に逃走し、約1・5キロ北の八潮橋交差点でワンボックスカーと衝突した。

車のガラスが割れ、運転手が負傷した。出血して治療のため競馬場に搬送された馬は、現役時代に13年オーバルスプリント(統一G3)など49戦17勝を挙げたセイントメモリー(せん13)。また、門を跳び越えた際、ガードマン1人が軽傷を負った。

主催者のTCK特別区競馬組合は「被害に遭われた方に深くおわび申し上げるとともに、近隣住民の方に不安を与えましたこと、深くおわび申し上げます。今後、本件の原因の究明と再発防止に努めてまいります」とコメントした。

---------------------------------------

日本ダービー開催週に起こった事件。

忘れたころに競馬場からの馬の逃走。。。

笠松競馬場でもあったし、園田競馬場でもあった。。。。

今回の事件は映像もあったが、街中をサラブレッドが全力で疾走してた。。。

いきなり500kgもある大きな馬が目の前を走ってたらかなり驚く。

残念なことにやはり車と衝突する事故が発生。

車に乗っていた運転手は負傷で済んだけれども、2013年の笠松競馬場では同じく車に馬が衝突して運転手が死亡する事件があった。

これが、通学途中の生徒たちの列に突っ込んだとかになったら、重大事件どころでは無くなる。

大井競馬場も一発で無くなるくらいの事件や。。

なんとなくノンキなニュースとして流れているけども、かなり重大なことと競馬関係者は意識した方がいい。

無観客で競馬を施行できるだけでも有難いのに、パチンコと同じように競馬なんかするなと逆風がいきなり吹き出すで。。。

もう2度とこんな事は無いようにしてほしい。

回顧 土曜日の鉄板(5/30)
10:25京都02R◎07番クリアショット1着(1)
10:55京都03R◎09番ポピュリズム2着(1)
12:15京都05R◎12番ハンメルフェスト5着(8)
13:00東京06R◎04番ケイティミラクル7着(9)
13:15京都07R◎15番グーテンモルゲン魚2着(5)
13:30東京07R◎03番フレンドアリスドル袋6着(5)
14:00東京08R◎08番シャイニーロケット10着(7)
14:35東京09R◎12番ニシノコトダマ銀行5着(2)
15:00京都10R◎14番エンダウメント9着(10)
15:45東京11R◎03番ニホンピロタイド9着(12)
16:10京都12R◎11番リシュブール6着(10)

3着内率 3/11 27.2% 一発で無くなる。

予想 日曜日の鉄板(5/31)
09:40東京01R◎12番キャストロペトラ
10:25京都02R◎01番スティーヴン
10:55京都03R◎07番リーガルバローズドル袋
11:10東京04R◎12番アースブレイブ
12:10東京05R◎07番オンリーワンボーイ銀行
12:25京都05R◎02番クリノイコライザー
12:40東京06R◎12番アースビヨンド
12:55京都06R◎09番ボンボヤージ
13:10東京07R◎08番トウカイオルデン
13:25京都07R◎05番マテラサンオウ
13:40東京08R◎02番サンシロウぴかぴか(新しい)
13:55京都08R◎08番ヘブンリーデイズ
--------------------------------------
14:15東京09R◎07番サンチェサピーク
14:30京都09R◎07番シャンパンクーペ
14:50東京10R◎11番ダイワダグラス
15:15京都10R◎06番ボンセルヴィーソ
15:40東京11R◎01番サトノインプレッサ魚
--------------------------------------
17:00東京12R◎12番ゴールドギア

日本ダービー(G1)の本命はサトノインプレッサ。
前走NHKマイルカップは終始外を回らされて、ことごとく前をカットされて競馬にならず。
同時に2走前の道悪の毎日杯(G3)1着で馬群を割っての激走も反動があった。
今回は人気からの解放もあり、皐月賞組との対戦のない別路線からの新鮮さもある。
1枠1番の絶好枠なら距離ロスなく進めるうえ、本来の最内を割る競馬が今回出来る。
坂井ジョッキーは豪州仕込みの内を突く競馬をするこで有名。
人気落ちと同きゅう舎のコントレイルが注目される中なら、開き直って内から一瞬の脚で抜け出すのはこの馬。

対抗はヴァルコス
評価しているのは前走青葉賞(G2)2着の内容。
芝2400mのスタミナを問われるレースのなか、向こう正面12番手から一気に4番手まで捲って、直線垂れることなく2着に粘った内容は秀逸。
血統的にはディープインパクトの近親というバックボーンをもっていて、父ノヴェリストも欧州で2400mでの活躍馬を多数出していて文字通りスタミナには自信がある。
この馬だけが2400m勝ちの実績を持ち、皐月賞組とは完全別路線の新鮮さも武器。
外枠がネックだが、ペース次第でうまく先行出来れば押し切りもある。

単穴はコントレイル。
無敗の皐月賞馬。
2歳時の東京スポ杯(G3)優勝がレコードの圧巻レース。
むしろこの頃から中山コースではなく、東京コースでこその印象もあった。
先週からのパンパンのスピード東京馬場もこの馬には絶好の舞台。
今回は断然の1番人気という状況から、他馬のマークがキツくなるとどうなるか。。。

日本ダービー(G1)
◎01番サトノインプレッサ
〇17番ヴァルコス
▲05番コントレイル
△02番アルジャンナ
△12番サリオス
△03番ワーケア
△06番マンオブスピリット

以上、鉄板。
2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年05月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31