ホーム > mixiユーザー(id:7805763) > mixiユーザーの日記一覧 > 歌って応援 日曜日の鉄板。 

mixiユーザー(id:7805763)

2015年04月12日11:28

85 view

歌って応援 日曜日の鉄板。 

以下、日刊スポーツより

-----------------------------------------------

つんく♂が声失う 「生きる道を選び」声帯摘出

 喉頭がんで療養中の音楽プロデューサーつんく♂(46)が4日、プロデューサーを務める近大(大阪府東大阪市)の入学式に出席し、声帯を摘出したこと明かした。

 昨年10月に喉頭がんが再発見されたことを公表後、初めて公の場に姿を見せたつんく♂は母校の新入生約7000人へ大型スクリーンを使い、メッセージを流した。衝撃のメッセージが流れたのは中盤だった。

 「なぜ、今、私は声にして祝辞を読み上げることが出来ないのか…。それは、私が声帯を摘出したからです。去年から喉の治療をしてきてましたが、結果的に癌が治りきらず、摘出するよりほかなかったから一番大事にしてきた声を捨て、生きる道を選びました。また振り出しです」

 首に白いストールをまいたつんく♂はステージの中央に立ち、新入生たちを見つめた。

 「私も声を失って歩き始めたばかりの1回生。みなさんと一緒です。こんな私だから出来ること。こんな私にしか出来ない事。そんな事をこれから考えながら、生きていこうと思います」

 黒のスーツに黒のパンツ。つんく♂のメッセージに会場は静まり返った。

 「皆さんもあなただから出来る事。あなたにしか出来ないこと。それを追求すれば、学歴でもない、成績でもない、あなたの代わりは無理なんだ、という人生が待っていると思います」

 壇上から何度も口を動かし、新入生に「おめでとう」と伝えた。

 つんく♂は、昨年9月25日に早期の喉頭がんが「完全寛解しました」と快方に向かっていると報告したが、その後の検査で再び喉頭がんが見つかったとした。10月中旬に声帯を摘出したといい、この日更新した自身のブログでは、声帯をすべて摘出したことを明かした。

------------------------------------------------

衝撃的でツラいニュース。

喉頭がんは親父が患った病気だけに良く分かる。

親父がノドに癌が発見されたときは、即時に手術で癌細胞と声帯も摘出された。

それだけ癌細胞が転移しやすくて、進行が速い場所。

手術後は首の下部の鎖骨と鎖骨の間に穴をあけて気道を確保して、そこから呼吸するかたちをとった。

その後次の癌が発症するまで、約10年間癌の再発、転移はなかった。

つんくがどのようなかたちで手術をしたかはわからないが、恐らく同じかもしれない。

生活等に支障が出るのはもちろん、ミュージシャンであるつんくにとっては声帯全摘出はギリギリの決断やったと思う。

シャ乱Qの曲は基本的に大好き。

ズルい女ムード

上・京・物・語ムード

空を見なよムード

シングルベッドムード

そんなもんだろうムード 他

挙げればキリが無い。

今度のカラオケではシャ乱Qをいっぱい歌ってつんくを応援したいと思う。

回顧 土曜日の鉄板(4/11)
09:50福島01R◎12番ウエバフラッシュ銀行2着(1)
13:55阪神08R◎14番シゲルミマサカ魚14着(8)
14:05中山08R◎07番レッドダニエルドドル袋6着(1)
14:35中山09R◎14番ブリュネット 2着(2)
15:45中山11R◎08番ヤマカツエース 1着(7)

3着内率 3/5 60.0% メイン痛快。

予想 日曜日の鉄板(4/12)
12:25阪神05R◎06番ゴールデンアタックドル袋
--------------------------------------
14:50中山10R◎04番コスモエルデスト
15:00阪神10R◎03番カルドブレッサ
15:20福島11R◎03番マイネルミラノ
15:30中山11R◎16番キングオブロー
15:40阪神11R◎12番ローデッド魚
--------------------------------------
16:00福島12R◎13番ブラウンカイ銀行

桜花賞(G1)の本命はローデッド。
評価しているのは2走前のフェアリーS(G3)。
中山1600mで大外枠から大きく出遅れて、終始外を回りながら早めにマクッて出て2着は強い馬しかできない。
前走フラワー(G3)は中山1800mで出遅れたうえ、外をマクッて出て5着。
3走前は未勝利ながら力の要る中京2000mのハイペースを追いかけていって、力でねじ伏せる強い内容でレコード勝ち。
中山、中京と力の要る馬場でこれだけのパフォーマンスが出来るのだから、雨上がりのタフな阪神1600m、且つG1のハードなレースを勝ち抜くだけの資格は十分にある。

対抗はレッツゴードンキ。
前走チューリップ賞(G3)では本来の差しでは無く、内から先行する戦法で3着。
末脚を生かした3走前のアルテミスS(G3)2着、2走前の阪神JF(G1)2着こそがこの馬の本領。
恐らく今回は内で我慢して抜け出す競馬をすると見る。
生涯3着以下無いのに、ここまで人気が下がれば逆に狙い目。

単穴は良馬場ならさらに末脚が切れるアンドリエッテ。

桜花賞(G1)
◎12番ローデッド
○06番レッツゴードンキ
▲09番アンドリエッテ
△08番ルージュバック
△13番クイーンズリング
△11番キャットコイン
△03番ノットフォーマル
△16番メイショウメイゲツ

アメリカ、キューバ歴史的会談。
9−8馬券注意。

以上、鉄板。
2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する