mixiユーザー(id:767771)

2021年04月26日23:56

53 view

カラマンダリン

今日のお天気:晴れ
今日の気温:21℃/8℃

広島は柑橘類の生産が盛んな地域なので、春から初夏に向かう今頃の季節は、市場にいろいろな品種の柑橘類が並ぶ。
年末の温州ミカンに始まり、3月くらいになると伊予間、そこからは八朔、せとか、はるみなどなど、次々と、お馴染みさんから新顔さんまで、色も形も味も様々だ。

毎回、「何を買おうか」とあれこれ悩むのだが、温州ミカンによく似た「カラマンダリン」なるものが売られていたので、試してみることにした。

調べてみると、アメリカで温州ミカンとキングマンダリンを交配させて作られた品種で、昭和30年に日本に導入されたらしい。

かなり昔からある品種なのに、あまり見かけなかったのは、非常に酸っぱいことから、収穫されることもなく、放置されていたそうだ。
ただ、5月頃になると、ヒヨドリが群がっていたことから、調べてみたところ、非常に味がよく、商品化されることになったという大器晩成型の柑橘だ。

様々な柑橘類の中で、樹になっている期間が最も長いことから、味が濃厚だというので、食べてみたところ、本当に目を見張るほどの濃厚さ。
果肉も袋も柔らかく、とても食べやすい。
なにより、簡単に手で皮をむいて食べられるのが、いい。

ただ、私はかなり酸っぱいものが好きなので、まったく気にならないが、酸味が苦手な人には、一個食べきるのは大変かもしれない。

見かけたら、ぜひ一度食べてみていただきたい。

2 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月27日 19:39
    柑橘類の種類が多いのと、大手スーパーで仕入れるものはメジャーなモノばかりなので、なかなか目にすることは無さそうですね・・・
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月27日 22:40
    > mixiユーザー 

    味が濃くて美味しいのですが、流通量は少ないみたい。
    これから流行ったりしないかなぁ・・・

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する