ホーム > mixiユーザー(id:767771) > mixiユーザーの日記一覧 > 温かさをまとう

mixiユーザー(id:767771)

2019年12月04日23:53

11 view

温かさをまとう

今日のお天気:晴れ
今日の気温:13℃/5℃

「国民一人あたりのエネルギー消費量」を石油に換算した資料を見ると、日本は世界平均の約2倍。これは大いに改善の余地があるレベルだが、アメリカ人は更に日本人の2倍ものエネルギーを消費していることがわかる。

https://www.yonden.co.jp/cnt_kids/energy/world/004.html

これについて、なかなか面白い考察を耳にした。

日本とアメリカの冬場のライフスタイルを比較してみたところ、「自分の周りだけを温める日本人」と「家全体を温めるアメリカ人」という違いが、エネルギー消費量の差として現れているのでは無いか?という考察だ。

日本では、外出中は家の中の暖房器具は消されていることがほとんどだが、アメリカではセントラルヒーティングで24時間常に家中が温められている。

日本人は部屋ごとに暖房器具を設置し、自分のいる部屋だけを暖め、更にこたつや湯たんぽ、膝掛け、厚手の靴下なども活用するが、アメリカ人は冬でも屋内では半袖。居室だけで無く、廊下も使われていない部屋も家中が暖かい。

日本人はすきま風が入らないように部屋のドアをきちんと閉めるが、アメリカのドアは日本ほど密閉性が高くない。

もし日本式の、「温かさを身にまとう」ライフスタイルをアメリカ人が取り入れたら、一人あたりのエネルギー消費量もグッと下がるのではないか?というのだ。

アメリカは人口も多い。
日本のようなライフスタイルを取り入れて、一人あたりのエネルギー消費量を少し減らすことができれば、パリ協定から離脱しなくても、かなり地球温暖化対策に貢献できるのではないだろうか。
「原発では無くて、こたつ文化を輸出することで、環境対策」・・・などという世の中になれば、平和でいいのになぁ。
1 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月05日 05:51
    アメリカは北海道の冬状態ってことかなあせあせ
    アメリカのライフスタイルを変えて、全体を下げるのか、自ら更に下げる工夫をするか…
    ライフスタイルを変えるのは、なかなか難しいことですよね…
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月05日 23:38
    > mixiユーザー 

    アメリカでは家の地下に大きな灯油タンクがあって、月に二回タンクローリーが巡回販売に来てくれるらしいです。
    こたつが普及して、灯油が売れなくなったら、石油メジャーから日本にものすごい圧力が掛かりそうですね(^^;

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する