mixiユーザー(id:767771)

2019年10月22日23:56

76 view

【読書】三匹のおっさん

今日のお天気:晴れ
今日の気温:26℃/16℃

「面白いよ」とオススメされたので、有川浩さんの書かれた小説「三匹のおっさん」を読んでみた。

地元の大手ゼネコンを定年退職した剣道の達人が、幼なじみの同級生2人と私設の自警団を造り、夜回りをしながら、悪い奴らをバッサバッサとやっつける痛快小説だ。

作者曰く、時代劇を見ていて構想が浮かんだそうだが、おっさん達の活躍ぶりは、まさに時代劇のTVドラマそのものだ。

おっさん達は人知れぬ世直しをしながら、思春期の孫や糟糠の妻との関係を見直したり、自らの生き方について考えたりする。その課程もなかなか読み応えがある。

そんなおっさん達の物語には「三匹のおっさん ふたたび」という続編がある。
こちらは、一作目に比べると、おっさん達の関わる問題が簡単には解決できないような社会的な問題になっていて、カタルシスを感じにくい。

しかし、おっさん達を取り巻く人々に、より焦点が当たっており、一作目よりも「群像劇」的な色合いが強い。

二作とも、読むと明るい気持ちになれる肩の凝らない小説なので、私も誰かに、読書の秋の一冊としてオススメしてみたい。
2 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月23日 05:47
    テレビドラマ化されたものですかね?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月23日 23:53
    > mixiユーザー 

    どうやらそのようです。
    ドラマは見ていないのですが、wikiに載っていました(^^;

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する