ホーム > mixiユーザー(id:767771) > mixiユーザーの日記一覧 > 住宅ウォッチング

mixiユーザー(id:767771)

2019年08月27日22:45

19 view

住宅ウォッチング

今日のお天気:雨時々曇り
今日の気温:26℃/22℃

散歩をしながら、他所のお家を見て歩くのが好きだ。
新築の洒落たお家も素敵だが、それよりも、古そうなのによく手入れがされていたり、住んでいる人のこだわりが感じられるような家に心惹かれる。

今住んでいる家の近くにも、お気に入りの家があった。
一軒は古い街道沿いに建っている洋館だ。
高い塀と庭木に囲まれて建っているので、一階の様子はよくわからないのだが、外壁や屋根を見る限りでは、建てられてから何十年も経っているように見える。
土地柄を考えると、建てられた当時はさぞかしモダンで人目を引いただろう。
淡いブルーグレーの外壁に、スッと細長いトタン屋根、格子のはまったガラス窓。
いったいどんな人が建てて、どんな人が住んでいるのだろう・・・と想像を掻き立てる。

もう一軒は、大通りから一本脇道を入ったところにある平屋建ての日本家屋。
こちらも生け垣に遮られて家全体を見渡すことは出来ないが、敷地面積はかなり大きそうだ。
石造りの門から玄関までの道は緩くカーブしていて、道路からは引き戸になっている玄関がチラリと見えるだけなのだが、引き戸の脇に一抱えもありそうな壺が置いてあって、そこにいつも季節の花がたくさん生けてある。
生け垣や庭木も、いつも綺麗に整えられていて、身ぎれいな方が住んでおられるのでは無いかと思われる。
きっと、粋な着物の似合う、少しお年を召したお花の先生が住んでおられるのだろう・・・などと、あれこれ勝手な想像をするのが楽しみだったのに、ある日通りがかると、大きな重機がこの家を解体している真っ最中だった。

街道沿いの洋館も1年ほど前に平凡極まりないハイツに建て替えられてしまった。
この家も、更地にされた後、マンションか何かが建つのだろう。
新しくて綺麗な建物も素敵だが、古びた建物が持っている味わいや個性は、もう二度と見ることは出来ない。

地方都市では、古い建物を維持するのは大変だと聞く。
そこに住む人も高齢化していく。
転勤者向けの集合住宅に、どんどん建て変わっていく流れは止められないだろう。

素敵なおうちを見て回る楽しみも、あと何年続けられるだろうか。
気候が良くなったら、また新たなお気に入りを探しに出かけよう。



2 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月28日 05:52
    絵になる家って良いですよね〜
    密集して建てられた家は、画一的な作りになりがちだから、なかなか良い感じにはなりにくい…
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月28日 23:48
    > mixiユーザー 

    画一的な造りでも、住んでいる人のこだわりが感じられるような手入れがされていると、だんだんいい感じになっていきますよね。
    人間と同じで、「大切にされている感じ」が、良い雰囲気を作っていくのかもしれませんね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する